バレーボールでスピードのあるフローターサーブを打ち込む4つのコツとは!




【YouTube動画解説!】元Vリーガーが楽しく教えるバレー上達方法!

 

↑ここをタップするとチャンネル登録出来ます!
元Vリーガーであるカッキーの経験してきたジャンプ力UPやバレーの効果的な練習方法等、ライバルに差をつけるために役立つ情報を発信しています。チャンネル登録よろしくお願いします♪

 

バレーボールのフローターサーブがスピードも出ないし、狙ったところに飛ばない!という相談を良くされます。

 

フローターサーブは基本的に無回転で打つので、初心者のうちは上手く狙ったところに飛ばなかったり、スピードが遅い山なりのサーブになってしまう選手が多いです。今回はフローターサーブでスピードのあるいいサーブが打てる方法を4つにわけてお話していきます!

 

バレーボールでスピードのあるフローターサーブを打つ4つのコツ

フローターサーブでいいサーブを打つためにはある程度のサーブスピードが必要になります。また無回転で打つことにより不規則な変化をすることが持ち味ですので、ボールに回転が掛からないようにしなくてはなりません。

 

では、スピードのあるフローターサーブを打ち込むにはどのような事を意識してあげるといいのでしょうか。具体的に4つに分けてお話します!

 

コツ①手のひらにしっかり当てる

まずフローターサーブで最も大切なのは、無回転で打つことです。少しでも回転が掛かってしまうと空気抵抗による不規則な変化が生まれません。そのためには、ボールの中心を手のひら全体にしっかりと「パシッ」と当ててあげる必要があります。

 

★この時に注意すべきなのは
  1. 手首を左右にコネない(左右に捻らない)
  2. 腕を振り切らない

 

手首をコネて(左右に捻る)しまうと、ボールに変な回転がかかってしまったり、手のひら全体に上手に当たらない場合があります。また腕を振り切ってサーブをしてしまうと、スパイクのようにボールを縦方向に巻き込んでしまうので、ドライブ回転が掛かってしまい無回転のサーブにならないことが多いです。

 

ボールに手が当たる瞬間に止めるようにして、「パンッ」と手のひら全体を当ててボールを押し出してあげましょう。そうすることで無回転のサーブを打つことができるようになります!

 

コツ②打ち終わった後に頭を下に下げない

サーブを打った後に頭を下げてしまう人がいます。頭を下げてしまうと上半身が前傾した状態でサーブを打つような恰好になるので、手のひらにボールが上手く当たらず指先に当たってしまったり、狙ったところにサーブを打ちにくくなります。

 

打ち終わったあとも胸を張って上半身を起こした状態でサーブを打つように心掛けてみてくださいね!

 

コツ③飛んでいくサーブをしっかり見るようにする

コツ②に似ていますが、サーブを打った後に自分が打ったボールを見るようにしましょう。そうすることでコツ②で話したように上半身を起こした状態でサーブを打つことができます。

 

サーブで狙ったところに腕を振れているのか、手にしっかり当たっているのかを確認できるのでサーブの成功率が格段にアップするのです。

 

コツ④白帯のギリギリを狙うようにする

フローターサーブでスピードを上げようとした場合、弾道が上を向いてしまうとすぐにアウトになってしまいます。無回転サーブは空気抵抗により上にも「ふわっ」と浮きやすい特徴もありますので、弾道が高すぎるとすぐにアウトになってしまうのです。

 

アウトになるミスを避けながら、無回転の不規則な変化を残したいいサーブを打つためには白帯ギリギリを狙ってサーブを打つことがポイントです。

 

白帯ギリギリを狙うことで、打ったサーブが浮き上がったとしてもアウトになる可能性は低くなります。サーブが物凄い変化をしてもアウトになることがないので、スピードのあるフローターサーブを打ち込むことができるのです!

 

練習方法:アンテナにゴム紐をつけて白帯スレスレを狙う練習をする

いいフローターサーブを打つためには、白帯のギリギリを通さなくてはなりません。そのためには反復して白帯ギリギリを狙う練習をする必要があるのです。その練習方法は以下の通りです!

 

★練習方法
  1. 両サイドのアンテナにゴム紐を通す
  2. ゴム紐の高さは白帯から約30cmの位置に上げます(アンテナの赤・白の1つが10cmなので3つ目の位置に合わせます)
  3. 白帯とゴム紐の間を通すようにフローターサーブを打ちます
  4. サーブスピードは出来るだけ早めに打てるようにしましょう

 

この練習を繰り返すことで、低弾道の変化する強烈なフローターサーブを打てるようになります。この練習方法はフローターサーブに限らず、ジャンプフローターやジャンプサーブにも効果的ですので、サーブ練習の時はゴム紐をつけるようにしてみてくださいね!

 

まとめ

フローターサーブは「無回転による不規則な変化」と「コントロール」が最大の武器です。さらに白帯をスレスレに通すことでスピードのある変化するサーブに進化させることができるのです。

 

4つのコツを意識して練習することでサービスエースの取れるフローターサーブが打てることが間違いなしです!反復して練習してみてくださいね!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事