バレーボールのフローターサーブが驚くほど大きく変化する3つの方法!




フローターサーブはバレーボールのサーブの中で最初に練習するサーブです。

サーブの基本で打ったボールが無回転になることで、空気抵抗を受けてサーブが変化します。

相手レシーバーにとってはサーブの変化の大きいほど、レシーブしにくくなります。

サーブが良いチームはサービスエースでブレイクポイントを取れたり、サーブカットを乱して相手の攻撃の選択肢を極端に減らすことができます。

今回はレシーバーが嫌がるぐらいフローターサーブを大きく変化させる3つの方法についてお話します。

フローターサーブはどうして変化するのか?

そもそもフローターサーブはなぜ不規則な変化をするのでしょうか。

フローターサーブは無回転でサーブを打つことでボールに空気抵抗が加わりやすく、それにより不規則な変化をするのです。

縦回転のドライブ回転が掛かっていると落ちるような動きをするサーブになりますし、無回転だと上下左右にゆれるサーブになるのです。

 

 

フローターサーブが大きく変化する3つの方法

フローターサーブを大きく変化させるためには、3つのコツがあります。

このコツを意識しながら練習することで今まで以上にフローターサーブは変化するようになりますよ!

フローターサーブが大きく変化する方法①出来るだけ完璧な無回転でサーブを打つ

フローターサーブが大きく変化する方法②サーブを打つ軌道を少し上気味にする

フローターサーブが大きく変化する方法③コート奥からサーブを打つ

フローターサーブが大きく変化する方法①出来るだけ完璧な無回転でサーブを打つ

フローターサーブの変化する大きさをあげるには、出来るだけ打ったボールの空気抵抗を増やさなくてはなりません。

空気抵抗を増やすにはサーブを出来るだけ無回転で打つ必要があります。

どのようなサーブの打ち方をすれば完璧な無回転のサーブになるのか反復練習をして感覚を身に付けましょう!

完璧な無回転のサーブが打てれば、フローターサーブは驚くほど変化しますよ!

フローターサーブが大きく変化する方法②軌道を少し上気味にサーブを打つ

フローターサーブは空気抵抗によって変化が大きくなるとお話してきました。変化を大きくするためには、サーブを無回転で打つのは必須の条件です。

さらに変化を大きくしようと思うのであれば、サーブの弾道を少し上にしてあげることでサーブの飛行距離が長くなるので空気抵抗も大きくなるため、変化の大きさも大きくなります。

サーブがアウトにならないように注意しなくてはなりませんが、少し上にサーブを打って弾道を山なり気味にすることでサーブの変化を大きくすることができるのです。

フローターサーブが大きく変化する方法③コート奥からサーブを打つ

サーブの変化をさらに大きくするには、コート奥からサーブを打つといいでしょう。

サーブの飛行距離が長くなれば長くなるほど空気抵抗が大きくなるので、変化が大きくなります。

実際にやられたことがある人もいるかもしれませんが、大きな体育館で一番後ろから打たれるフローターサーブはすごい変化のサーブになります。それほどサーブの飛行距離が長くなれば変化が大きくなるんですね。

大きい体育館で試合する時には少し後ろに下がってフローターサーブを打つことでいつもより相手のレシーバーを乱したりサービスエースが取れるようになりますよ!

 

 

無回転サーブを打つ練習方法

サーブが上達するための一番の近道は反復練習をすることです。

どれだけ効率よくサーブが無回転になるコツを意識しながらサーブの反復練習できるかが重要なのです。

今回は無回転でボールを打ちだすことが一番重要ですので、その箇所を強化するサーブ練習を繰り返しましょう。

練習方法【サーブの壁打ち】

①壁から5mほど離れてください

②壁に向かって無回転でサーブを打ちます

③サーブが常に狙ったところに無回転で飛んでいるかチェックしながらサーブを打ち続けます

①~③を繰り返し行います。

実際にサーブを打つよりも効率よく反復練習が可能です。

このサーブ練習で重要なのは、「狙ったところにちゃんと無回転でサーブが飛んでいるか」ということです。

ただ何も意識せずにサーブを打ち続けても意味はありません。

コツを意識しながら、狙ったところに完璧な無回転になるようにサーブを打ち続けてみてくださいね。

まとめ

フローターサーブの変化を大きくしたいのであれば、できるだけ打ったボールの「空気抵抗」を大きくするように心掛けてみてくださいね。

今回ご紹介した3つのコツはすぐにでも使えるスキルなので、ぜひ試合でも使ってみてくださいね!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。