スパイクを打っても打っても相手のブロックが強いとシャットアウトされてしまう事ってありますよね。

「どうやったらブロックされないんですか?」「どこを狙うのがいいんですか?」と指導していると質問されます。ブロックにシャットアウトされやすい選手はみんな同じ共通点があります。そこを改善してあげるだけでブロックされる事が目に見えて減ります!

今回は「スパイクがブロックされない方法」を3つにまとめてみました!

スパイクがブロックされない4つの方法

スパイクが相手のブロックにシャットアウトされやすい選手には4つの共通点があると話しました。ブロックされない為には、その逆にプレーを意識してやればいい訳なんです。

では、本題へ!

 

方法①コースの打ち分けを意識する
方法②脱力してスパイクする
方法③鋭角にスパイクを打とうとしない
方法④コート奥に打つ意識で常にスパイクする

 

 

スパイクがブロックされない方法①コースの打ち分けを意識する

スパイクを力いっぱい打つことに必死になりすぎて、狙うコースが雑になってしまっているケースがあります。また力むことにより「手首をコネル」ような動きをしてしまう選手がいます。

手首をコネルとは右利きであれば、手首を内側に捻る(ひねる)動作をスパイクの時にしてしまうことです。手首をコネルとレフトから打つ場合はブロックの真ん中にスパイクが行きやすくなるのでシャットアウトされることが多くなります。

[kanren postid="2485"]

しっかりと手首をコネないように意識しながら、「クロス」と「ストレート」に打ち分けられるように練習しましょう。いくら威力が高いスパイクもブロックのど真ん中に打っているようではシャットアウトされ続けてしまいます。

まずは2つのコース打ちを完璧にマスターすることでシャットアウトされる場面を大幅に減らすことができます。

スパイクがブロックされない方法②脱力してスパイクする

スパイクは「力んでは」いけません。①でお話したように、力が入ってしまうと「手首をコネル」動作でスパイクを打ってしまったり、肩に力が入るので可動域が狭くなり打てるスパイクのコース幅が狭くなってしまいます。

肩に力が入った状態だと筋肉が硬直してスイングも鈍くなるので、スパイクの速度が落ちてしまいます。

なので、スパイクを打つ時は「脱力」して打ちましょう。そうすることで、コース幅も広がりスパイクの威力もアップするので、相手にブロックされる場面を減らすことができるのです。

 

 

スパイクがブロックされない方法③鋭角にスパイクを打とうとしない

スパイクが打てるようになってくると、どうしても鋭角にスパイクを打ちたくなりますよね・・・。今でも私は隙あらば叩き落とそうとして、遅れてきたブロッカーに綺麗にワンタッチを取られる時があります(笑)

試合で鋭角に落とし続けていると、ブロックが完璧に揃っている場合はほとんどシャットアウトされてしまいます。どれだけ高い打点があったとして鋭角にスパイクしてしまうと、ボールの通過点はブロックより下になるのでシャットアウトされやすいのです。

★それでも真下に叩きつけたい人はこちらの記事!

[kanren postid="1899"]

スパイクがブロックされない方法④コート奥に打つ意識で常にスパイクする

③と関連してしますが、試合でのスパイクは鋭角に打つのではなく相手のコート奥に強打できるように練習しましょう。

実際にやってみるとわかりますが、コート奥に威力の高いスパイクを打ちこむのは難易度が高いです。このスキルを取得することで試合でのスパイク決定率は大幅にあがりますし、コート奥に打てる選手はある程度ミート力がある選手です。

[kanren postid="1913"]

コート奥にスパイクを打つ練習を続けることで、ミート力がアップするので他のスパイク技術も向上します。

またコート奥に強打をすることで、相手のブロックの指先などに当たりやすくなるので、狙っていなくてもブロックアウトや嫌なワンタッチを取れるスパイカーになることができるのです。

 

 

まとめ

スパイクで相手にブロックされないようにするには、4つのコツがあります。試合で役立つスパイクスキルと実践ではあまり使えないスパイクスキルをしっかり理解して使い分けることで凄いスパイカーになることができるのです。

バレーボールは基本的には反復練習で身に付けるしかないですので、実際にスパイク練習や試合で4つのコツを意識して練習に励んでくださいね!

 



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事