バレーボールのアンダーハンドレシーブがうまく返せるようになる2つの方法!




バレーボールをはじめて間もないと、アンダーハンドレシーブをすると腕も痛いし、上手く狙ったところにボールが飛びませんよね。

 

少しレシーブする腕の角度が違うだけで全然違うところに飛んでいきますし、ボールの落下地点がわからなくて間に合わなかったりタイミングが合わなかったり・・・

 

今回はバレーボールのアンダーハンドレシーブが上手くできる2つのコツについてお話したいと思います。

 

バレーボールの基本である「レシーブ」

最初はみんな腕にアザを作って練習しましたよね。慣れてくるとアザもできなくなり、ある程度狙ったところに返せるようになります。

 

狙ったところに返せる練習方法は色々ありますが、

・ボールへの正しい力の伝え方

・ボールへの力を伝えるタイミング

 

このあたりを理解して技術練習を行わないと効果は半減です。

さらに変な癖がついたレシーブになると直すのに覚える時間の倍はかかると思ってください。それぐらい基礎は何事においても大切です!

バレーボールのレシーブには2種類あります。
・アンダーハンドレシーブ

・オーバーハンドレシーブ

 

今回はアンダーハンドレシーブのコツについてお話します!

 

アンダーハンドレシーブはバレーボールで最も使うレシーブです。相手の強烈なスパイクをレシーブしたり、低いボールを下から拾って返球することに適しています!

 

アンダーハンドレシーブが簡単にできる2つのコツ

重要なコツ2つをここではご紹介します!動きのイメージがついたら反復練習を繰り返すといいですよ。身体に覚えこませることで動きがスムーズになります!

 

①素早く落下地点を見極めボールの下に入る

最初はボールの落下地点がわからず、「ギリギリに入って落下地点を間違った!」って事が多いと思います。

・入りすぎて胸に近いところでレシーブしちゃった・・・
・届かなくて手の先でレシーブしちゃった・・・

これらのミスの原因は落下地点の予測を失敗しているからです。

 

①のレシーブ練習方法

★この練習は2人1組で行います。
ボールをふわっと上に投げる

アンダーハンドレシーブのフォームでボールをキャッチする

 

この時も少しでも早く落下地点に入ることを意識して練習してください。
いきなりレシーブすると変な癖がついたり落下地点で待てないレシーブになります。
早い段階でこの動きをマスターするとライバルに差をつける事ができますよ(^^)/

 

②腕でボールを運ぶのではなく足でボールに力を伝える

まず意識を変えて頂きたいのですが、全てのレシーブにおいて、腕を振ってボールに力を加えることは基本的にありません。

 

★アンダーハンドパスをする場合のイメージ
1.足元にあるボールをアンダーパスをする位置でキャッチする

2.キャッチしたボールを膝を使って体重移動でボールを前に送り出す

 

腰を浮かせて高い位置でレシーブすると、重心が後ろにかかります。
そうするとボールを前に送り出す足の動きと体重移動ができません。

 

この2つを注意するだけで見違えるほど上達できると思います。
チャレンジしてみてくださいね!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。