【Cクイックでチームが強くなる!】2つのCクイックをスパイクするコツ!




センターが打つクイック攻撃でCクイックという攻撃があります。

基本的にはクイックをスパイクするセンターポジションの人の攻撃です。

難易度が高そうな攻撃に思うかもしれませんが、一度覚えてしまうとセンターとしての攻撃の幅が広がります。

今回はそのCクイックの打ち方についてお話したいと思います。

 

Cクイックとは

Cクイックはクイック攻撃なので攻撃のタイミングは同じです。

Aクイックと違う点はスパイクをセッターの「前」か「後」どちらでスパイクするかの違いです。

 

★Aクイックとは…?もっと知りたい方はこちら!

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-1338
続きを読む

 

Aクイックはセッターの前(レフト側)でスパイクするのに対してCクイックはセッターの後ろ(ライト側)でスパイクします。

スパイクするタイミングはAクイックと同じなので、トスが上がる前に空中で待っておいてトスが上がってきたら即座にスパイクします。

セッターが上げるトスはライト側へのトスになるので、「バックトス」でトスを上げることになります。

そのため、Aよりは少しセッターの難易度が上がると言えるでしょう。

POINT

CクイックもAクイックと同様で、時間を掛けてセッターはトスを合わせる必要があるスパイク

 

 

なぜCクイックはAクイックより打つ選手が少ないのか?

Aクイックがセッターの前(レフト側)にトスを上げるのに対して、Cクイックは後ろ(ライト側)に上げるとお話しました。

このトスの位置がスパイクの「打ちやすさ」に関係しているのです。

またスパイカーが「右利き」か「左利き」かによっても変わってきます。

 

右利きがAクイックをスパイクする場合

右利きがAクイックをスパイクする場合は、セッター右手(利き手)が近いので振り上げた左手が邪魔にならずトスを見やすいのでスパイクしやすいのです。

またセッターのトスを上げる位置と右手(利き手)が近いのでスパイクの打ちだしも早くなりスパイクが決まりやすくなります。

 

左利きがAクイックをスパイクする場合

左利きがAクイックをスパイクする場合は、振り上げた右手が邪魔でセッターが上げるトスが見にくいのです。

またセッターと利き手の位置が離れているため、スパイクを打つまでに時間が掛かりブロックされやすいというデメリットがあります。

クイックでスパイクを打つまでに時間が遅いと、相手のブロックが完成してしまうのです。

 

 

右利きがCクイックをスパイクする場合

右利きがCクイックをスパイクする場は、左利きがAクイックをスパイクする時と同じで振り上げた左手が邪魔になります。

そのためスパイクを打ちにくいのです。

 

左利きがCクイックをスパイクする場合

左利きがCクイックをスパイクする場合は、セッターと左手(利き手)が近いのでり上げた右手が邪魔にならずトスを見やすいのでスパイクしやすいのです。

またセッターのトスを上げる位置と左手(利き手)が近いのでスパイクの打ちだしも早くなりスパイクが決まりやすくなります。

 

セッターと利き手が近い方が打ちやすい

Cクイックに限らず全てのクイックに言える事ですが、セッターのトスを上げる位置に利き手が近いほうがスパイクしやすいのです。

左利きでクイッカーの選手をあまり見ないのはそういった理由からなのです。

 

 

Cクイックを綺麗に打てる2つのコツ

Cクイックはセッターも見えない状態でトスを上げるので合わせるのが難しいです。

また先ほどお話した通り、右利きがCクイックを打つにはデメリットが少しあります。

しかし安定してCクイックもAクイックも打てるようになれば相手からすると、ブロックでマークするのが難しいとても嫌なプレイヤーになれるので練習していきましょう!

2つのコツ

コツ①ネットと自分の体の間に空間を作る

コツ②右利きの場合トスをライト側に流してもらう

 

コツ①ネットと自分の体の間に空間を作る

Cクイックはネットに近づきすぎてはダメです。

スパイクを打つ時にネットに近すぎるとスパイクスイングが縮こまった状態になって威力が出なかったり、ネットタッチをしてしまう可能性が高いからです。

しっかり自分の前に空間を作ることを意識することで、自分のスイングが出来るのでスパイクの威力もアップします。

作った前の空間にセッターにトスを上げてもらうイメージで練習してみてくださいね!

 

 

コツ②右利きの場合トスをライト側に流してもらう

右利きがCクイックを打つ場合は少しトスをライト側に流してもらうと合わせやすいです。

右利きがセッター側に短いトスを打とうとすると、距離が遠いので上手くスパイク出来ない事が多いです。

また短いトスを打とうとするので、打点が下がった状態でクロスコースにスパイクすることしかできなくなる場合があります。

わざとブロックを避けるためならオッケーですが、基本的にはスパイクは高い打点で打つことでブロックに掛かりにくく決定率をアップさせることができます。

 

Cクイックはライトプレイヤーも打てると良い

Cクイックはライトプレイヤーも打てると攻撃の幅が広がります。

ライトプレイヤーはライト平行だけでなく、Cセミ(ライトより少しセンター側のトス)やCクイック、時間差攻撃など攻撃の種類が多い方が相手を混乱させる事ができます。

レフトと違ってライトは機動力を求められるので、覚えておいたら必ず役に立つ攻撃ですよ!

 

【まとめ】【Cクイックでチームが強くなる!】2つのCクイックをスパイクするコツ!

まずは基本のAクイックから合わせて、どんどん攻撃の幅を広げていきましょう。

クイックの完成度が高いチームは強いです。

 

★クイックも完成度をもっと上げたい方はこちら!

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-1159
続きを読む

 

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-1338
続きを読む

 

クイックは空中にいるスパイカーとセッターがトスを合わせる難易度の高い攻撃なので、セッターと阿吽の呼吸が絶対に必要となります。

コツを意識しながら数をこなして練習してみてくださいね!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。