スパイクの1点は思いっきり相手のコートに叩きつけなくても奪うことができます。

確かに叩きつけたスパイクは気持ちいいかもしれませんが、実際のバレーボールの試合では使うことができません。得点力の高い選手になるには、相手のコートに叩きつけるスパイク以外にも、相手のブロックを利用するスパイク技術が必要です。

今回はそのスパイク技術についてお話したいと思います。

ワンタッチ狙いスパイクの使いどころ

ワンタッチ狙いのスパイクの使いどころは主に2つです。スパイクは攻撃の選択肢が多い方がブロッカーは迷い有利になります。

「強打しか出来ないスパイカー」と「強打・フェイント・ブロックアウト出来る選手」なら後者の方が、相手ブロッカーは迷うので中途半端なブロックになり、高い決定力を残すことができるのです。

[box class="blue_box" title=""]

①ブロックに囲まれた時

②スパイク体勢が悪い時[/box]

①ブロックに囲まれた時

ブロックに囲まれた状態で思いっきりスパイクを打っても、ブロックにシャットアウトされる確率は高いですよね。なのでブロックに囲まれた時は、相手のブロックを利用して、外に弾きだしてあげる方法が有効的です。

打ったスパイクを外に弾きだすには、相手ブロックの側面や指先に当ててあげることで、相手はボールをコントロール出来なくなるので、明後日の方向にスパイクしたボールを弾き飛ばすことができます。

②スパイク体勢が悪い時

トスがネットから離れたり、トスが短い時に思いっきりスパイクを打ちこんでも「アウト」や「シャットアウト」になる可能性が高いです。体勢が悪い時ほど、相手のブロックを利用して得点するようにしましょう。

体勢が悪い状態でいくらスパイクを思いっきり打ち込んでも威力は出ませんし、相手にとっても脅威ではないのです。

ワンタッチを狙ってスパイクを打つ3つの方法

ワンタッチを狙ってスパイクを打つ方法は3つあります。コツや使いどころを理解して反復練習することで誰でも手に入れることが出来るスキルです。

ピンチになった時に使えるスキルは覚えておくと試合で絶対に役立ちます。またブロックアウトは身長が無くても、スパイクを決められる技なのでぜひ使ってみてくださいね!

[box class="blue_box" title=""]

ワンタッチ狙いのスパイク方法①指先を狙って打つ

ワンタッチ狙いのスパイク方法②わざと落ち際に打つ

ワンタッチ狙いのスパイク方法③相手にコースを読ませないで打つ[/box]

ワンタッチ狙いのスパイク方法①指先を狙って打つ

ワンタッチを狙ったスパイクは相手ブロックの指先を狙うところから始めるといいでしょう。ブロックの側面にスパイクを当てて外に出すという方法が一般的ですが、この方法だと少し打つ位置がズレるとシャットアウトやアウトになる可能性が高いのです。

指先を狙ってワンタッチを取る方法は、指先を狙うのでスパイクの通過点が高くなります。そのため、シャットアウトされる可能性はかなり低く効果的なスパイクです。まずは指先に思いっきりスパイクを打つ練習をしましょう。

最終的には相手の指先にスパイクが当たらなかったとしても、相手のコート後方にインになるスパイクになると最高です。こうなると相手ブロッカーは当たればコート後方に吹っ飛ばされる、当たらなければスパイクがインになり決められるので相手にとっては脅威なのです。

POINT指先を狙ってコート奥にスパイクを打つ!

ワンタッチ狙いのスパイク方法②わざと落ち際に打つ

ブロックを失敗する時の多くはタイミングがズレた時です。つまりブロックを失敗させようと思うのであれば、意図してタイミングをズラしてやればいいのです。

逆に一番シャットアウトしやすいスパイクはずっと同じタイミングで打ってくるスパイカーです。せーの!で抑えてしまえば、簡単にシャットアウトすることが出来ます。

しかし、わざとタイミングをズラして落ち際にスパイクを打ったり、早めにボールを叩いてスパイクする選手は止めることが難しいです。ブロックはしっかり前に出してやっとシャットアウトが出来る形が完成しますが、落ち際に打たれるとブロッカーも前に手を出すことが出来なくなるので、その状態でボールをブロックに当てられると簡単にブロックアウトになるのです。

POINT意図的にスパイクを打つタイミングを外してみる!

ワンタッチ狙いのスパイク方法③相手にコースを読ませないで打つ

ブロッカーはある程度、スパイカーがクロスに打つのストレートに打つのかを判断して手の出し方を変えます。クロスだと思って出したブロックの手に対して、全く逆のストレートに打たれた場合、ブロックはシャットアウト出来ない場合が多いのです。

スパイクコースを読んでしまうと、スパイクが飛んでくる方の手に力を入れてしまうので、逆の手に力が入っていない場合があるからです。

つまり、相手にコースを読ませないでスパイクを打ちこむことができればブロックアウトになる可能性が大幅にアップするのです。例えば、クロスに向きながらノールックでストレートに打ちこむ等が一般的ですが、これは非常に効果的です。

POINT相手にわざと打つスパイクコースを読めるような打ち方のフリをして、実際には逆にスパイクを打ちこむ!

まとめ

ワンタッチを狙ったスパイクを打つ技術は試合において必須です。必ず万全の体勢でスパイクを打てることなんて絶対にありません。

優秀なスパイカーは体勢が悪い時にどれだけ得点に結びつけられるかが重要です。

ブロックアウトは体勢が悪いところから得点につなげる、シャットアウトされない技の1つなので反復して練習してみてくださいね!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事