スパイクで強烈なドライブ回転をかける2つの方法!




いいスパイクを打つには共通のコツがあります。

今回はそのコツについてお話したいと思います。

 

いいスパイクとは?

そもそも「いいスパイク」とはなんでしょうか?

すごい威力のスパイク・・・
球質が重たいスパイク・・・

色々いいスパイクのイメージは皆さんあると思います。

 

実はいいスパイクは強烈なスパイクだけとは限りません。

いいスパイクとは「得点が取れる」スパイクです。

どれだけすごい威力のスパイクを打っても、レシーバーの正面だと簡単に拾われてしまいます。

スパイカーの仕事は得点を取ることです。

威力のあるスパイクを打つことだけではありませんし、真下に叩きつけるスパイクを打つことでもありません。

スパイクの威力も大切ですが、得点を取らなければ意味がありません。

 

 

得点を取れる「いいスパイク」を打つには何が必要でしょうか?

「いいスパイク」に絶対に必要なのは「ドライブ回転」です。

つまりスパイクの回転数です!

 

上手なスパイカーと下手なスパイカーを比較するとスパイクの「ドライブ回転数」が全然違います。

回転力が上がるとボールが前に進む力がアップしてスパイクのキレが増します。

 

また縦回転が掛かっているので、ボールが落ちるためスパイクがアウトになりにくいメリットもあります。

 

では、ドライブ回転数の高いスパイクを打つにはどうしたらいいでしょうか?

 

コツ①ボールの上を叩いてスパイクする

ボールの上を叩くことでドライブの回転数が高いスパイクを打つことができます。

極端に言うとボールの反対側から叩くイメージです。

 

そうすることでボールを腕と体で巻き込むように打てるため、強烈なドライブ回転がかかったスパイクを打つことができます。

逆に押し出すようにスパイクしてしまうと、ボールを巻き込めないので無回転気味の押し出したスパイクになります。

球質は重くなりますが、ドライブ回転数が少ないためキレが低下しますし、押し出す形のスパイクになるのでアウトになりやすいのです。

 

コツ②ボールを体の前に置く

「コツ①ボールの上を叩いてスパイクする」ためには、ボールの上が見える状態でスパイクを打たなければいけません。

ボールの真下に入ってスパイクをする形、いわゆる「ボールに被った」状態でスパイクしてしまうと、ボールの上は見えませんよね。

ボールの上を叩くためには、ボールに被らず体の前に置く必要があります!

そうすることで上からボールを叩けるのでドライブ回転が掛かったスパイクを打つことができるのです!

 

まとめ

スパイクで強烈なドライブ回転をかけることで、スパイクのキレをアップさせることができます。

アウトだと思ったボールも最後に落ちるのでコートにスパイクが入りやすくなります。

 

そのため、高い打点でスパイクを打てるようになるので、スパイク決定率がアップするのです!

 

強烈なドライブ回転をかけるためには、

①ボールの上を叩いてスパイクする

②ボールを体の前に置く

この2つのコツを意識する必要があります。

 

ボールの上を叩くことで腕と体にボールを巻き込むことができるので、強烈なドライブ回転をかけることができます。

ボールの上を叩くためには、体の前にボールが来るようにスパイクジャンプする必要があります。

そうすることで、ボールの上が見やすくいので、狙ったポイントを叩きやすくなるのです。

 

慣れるまではジャンプする位置を合わせるのが難しいですが、ボールの上を叩くことをクセ付けることができれば、スパイクのキレがアップします!

練習で試してみてくださいねー!

 

★スパイク決定率をもっとあげたい方はこちら!

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/438735178-html
続きを読む

 

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-1672
続きを読む

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。