【スキル編】バレーボールの試合で勝つために大切な3つの事とは!




バレーボールに勝つためには、バレーボールのスパイク・レシーブ・サーブとそれぞれのスキルが必須となります。前回はメンタル面で「バレーボールの試合に勝つために大切な3つの事」をご紹介しました。

今回はバレーボールのスパイクやレシーブなど試合に勝つためにはどんなスキルを手に入れるといいのか、どうすれば勝てるようになるのかについてお話したいと思います!

バレーボールの試合で勝つために大切な3つの事

バレーボールで勝つためには以下の3つのポイントが大切になります。バレーボールは真下に叩きつけるような派手なスパイクが打てたとしても勝てるわけではありません。

バレーボールの試合で勝つために大切なこと①繋ぎのスキル向上
バレーボールの試合で勝つために大切なこと②サーブカット返球率の向上
バレーボールの試合で勝つために大切なこと③2段トス(高いトス)を強打できるようになる

バレーボールで勝つためには攻撃できる回数を増やす必要があります。

例えば、攻撃ができない場面ってどんな場面が思い浮かびますか?相手のサーブが良くてサーブカットが全く返球できない時、トスが下手でレシーブが乱れたら全く攻撃に繋げない場合、等々のパターンがあると思います。

簡単に言うと「攻撃できる場面を作る能力」を鍛えてあげれば、まともに攻撃できる回数が増えるので強い選手・強いチームになれるという訳なんですね。

では、具体的に内容に入っていきましょー!

 

 

バレーボールの試合で勝つために大切なこと①繋ぎのスキル向上

繋ぎのスキルとは何か?

具体的には2タッチ目のプレーの事を指します。繋ぎのプレーで重要なのは1タッチ目のサーブカットで乱れた時、強打レシーブを弾いた時に2タッチ目のトスでどれだけリカバリーしてまともな攻撃に繋げるかが重要です。

つまり、2段トスの精度を圧倒的にアップさせればいい!という訳です。2段トスって簡単に思うかもしれませんが、非常に難しいスキルです。

レシーブしたボールは不規則に回転するし毎回同じところから同じ方向にトスできる事なんてほぼありません。バレーボールの中でも繋ぎのプレーが最もバレーボールが上手い下手が現れるスキルだと思います。

オーバーパスの2段トスを安定させるたった1つの練習方法

2018.08.16

勝つためには乱れたボールをスパイカーが100%の力でスパイク出来るような繋ぎのトスを手に入れる必要があるのです。正確な2段トスをあげられるようになれば、スパイカーがまともに攻撃できる回数が増えるので、その分得点を取る確率もアップするので試合に勝てるのです。

★繋ぎのスキルをアップする練習方法はこれ!

少し変わった「2マン」でレシーブ力と繋ぎの力が身に付く3つの理由

2018.09.21

 

 

バレーボールの試合で勝つために大切なこと②サーブカット返球率の向上

バレーボールの攻撃で最も決まりやすいのは、サーブカットがセッターに正確に返球されてコンビネーション攻撃が出来た時です。コンビネーション攻撃はサーブカットが乱れてしまうと出来なくなってしまいます。

コンビネーション攻撃が出来ないと、攻撃の選択肢が一気に減るので、相手ブロッカーは両サイドの選手を2枚・3枚ブロックしようとしてきます。そうなると1枚ブロックの時に比べるとスパイクの決定率はガタ落ちしてしまいます。

【短期間で返球率がグンッとアップ!】3つのサーブカットのコツ!

2018.06.29

さらにはシャットアウトされてブレイクポイントを取られてしまい点差がついてしまうのです。サーブカットが乱れたらスパイク決定率は大幅にダウンするので、サーブカット返球率がどれだけ高い水準を保てるのかが重要となるのです。

 

 

バレーボールの試合で勝つために大切なこと③2段トス(高いトス)を強打できるようになる

サーブカットが乱れた場合であっても2段トスを完璧に打ちこなせるスパイカーがいれば、1タッチ目(サーブカット)、2タッチ目(トス)のミスを帳消しにすることができます。逆にトスが良くてもスパイカーが2段トスを打ち切る能力が無ければ、勝つことは出来ないのです。

なのでスパイカーは2段トスが完璧に打てるように反復練習しましょう。

【ドンピシャ!】高いトスに対して「スパイクの助走タイミング」をドンピシャで合わてスパイクするコツとは!

2018.06.27

 

 

実践的なトスからスパイクの練習方法

トス練習と組み合わせてスパイクも打つようにすると効率のいい練習が出来ます。

具体的に言うと

具体的には…

①強打レシーブしたボールをトスします。

②そのトスしたボールをスパイクで打ち切る

※上手くなって来たらブロッカーをつけましょう

この練習を繰り返すことでトスをあげる選手は実際に強打レシーブした生きたボール(実践と同じボール)をトスする練習になりますし、スパイカーも決まった場所以外から上がってくるトスを打つ練習になるので、実践的なスキルを身に付けるにはとても効果的な練習方法なのです。

スパイカーは上がったトスを全てフルジャンプして強打するようにしましょう。打てないと思って練習で軟打しているようでは、試合では絶対に強打できません。

トスのせいにしてスパイクを打たない・ミスをする選手がいますが、ネットより上にあがったトスはスパイカーの責任だと思って練習・試合に取り組んでみてくださいね。

トスが悪いとネガティブに取られるのではなく、その悪いトスをどうやって得点に繋げられるかポジティブに考えてバレーボールをしてみてくださいね。それだけで選手は大きく成長できますよ!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。