【短期間で返球率がグンッとアップ!】3つのサーブカットのコツ!




どうも、ジョンです!

今回はサーブカット(レセプション)の「返球率」がアップするコツについてお話したいと思います。

 

サーブカットの重要性

サーブカットは試合に勝つ上でとても重要なプレーです。

相手のサーブを正確にセッターに返球することで味方のスパイカーの攻撃枚数が増えるので、相手ブロックが分散してスパイク決定率がアップします。

ところが、サーブカットが乱れると攻撃はサイドへのオープントス(高いトス)となり相手ブロッカーは2枚3枚としっかりスパイカーをマークします。

こうなるとスパイクを決めるのが難しくなり、チームのスパイク決定率がダウンしてしまうのです。

そうならないためにも「サーブカット」を正確に返球することは、バレーボールにおいて非常に重要なんです!

 

 

サーブカットの3つのコツ

サーブカットはアンダーハンド、オーバーハンドどちらでレシーブしてもオッケーです。

サーブの種類によってレシーブ方法を変えるといいでしょう。

どちらのレシーブ方法でサーブカットしたとしても共通しているコツが3つあります。

サーブカットのコツ①レシーブを構えている時に「目線」を上下させない

サーブカットのコツ②ボールの正面に回り込む

サーブカットのコツ③腕を振らない

 

サーブカットのコツ①レシーブを構えている時に「目線」を上下させない

 

サーブを打たれる前に腰を上下させてしまうと、目線も上下に動くのでボールを捉えにくくなります。

サーブを打たれた瞬間に腰を上下させるのではなく、サーブを打たれる少し前から腰を落としておきましょう!

動くボールを捉えるのに、自分まで上下に動いてしまうとサーブをしっかり目で捉えることができません。

サーブが打たれる前から目線は安定させておきましょう。

 

サーブカットのコツ②ボールの正面に回り込む

全てのレシーブに共通することですが、出来る限り打たれたサーブの正面に回り込みましょう。

レシーブの基本は返球したい方向にしっかりレシーブの面を向けてあげることです。

レシーブの面を返球したい方向に向けるには、体の正面でボールを捉える必要があるのです。

 

ボールの正面に回り込むレシーブの練習方法

レシーブする時に正面に回り込む練習です。

★練習人数:2人もしくは壁相手

★10本1セット 5セット

 

「ボールを受ける人」と「ボールを投げる人」に分かれて練習を行います。

 

 

 

サーブカットのコツ③腕を振らない

サーブカットを返球する時に、腕を振ってしまう人がいます。

レシーブは基本「壁」です。

ボールに対して自分から腕を振って力を加えるとボールとケンカしてしまい、わずかなズレからボールは狙ったところに飛ばなくなります。

動くサーブに対して腕を振ってレシーブすると、「動いているボール」と「動いているレシーブの腕」がぶつかることになるので、動いている者同士と合わせる必要がありレシーブの難易度が上がります。

そこでサーブカットの時に意識してほしいことは、レシーバーは落下地点にしっかり入れたらピタッと止まって動かない事です。

ボールが動くのは止めることはできませんが、レシーブする腕や身体をピタッと止めることはできますよね?

「動いているボール」に対して「動かないレシーブの腕」で対応することで、「動いているボール」と「動いているレシーブの腕」よりズレが少なくなるのです。

自分がレシーブの時にバタバタしたり腕を振らないことによって、ボールの変化に腰を落として集中できるので、サーブカットの返球率がアップします!

 

【まとめ】【短期間で返球率がグンッとアップ!】3つのサーブカットのコツ!

PHOTO

サーブカットの3つのコツである①レシーブを構えている時に「目線」を上下させない、②ボールの正面に回り込む、③腕を振らない、この3つのコツに共通していることは、「動いているボールに対して自分まで激しく動くな」という事です。

動いてるボールに対して自分まで動いてしまうと、繊細なタッチを必要とするバレーボールのサーブカットは返球困難なのです。

目の前でサーブがどのような変化をしても対応できるように、まずはボールの正面に回り込む、ボールにタッチする時は腕を振ったりしない事が大切です。

POINT

レシーブは腕で行うのではなく、下半身で行う!

今回お話したコツが出来ている人も、一度プレーを見直して3つのコツを意識してみることで新たな発見があると思います。

ぜひ、試してみてくださいね!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。