バレーボールに限らずスポーツをやっているアスリートの皆さんは試合に勝ちたいと思います。

スポーツをやっているのに「試合には別に勝たなくてもいい」なんて人はほとんどいないと思います。

勝ちグセというのはホントに大切です。

 

どうやったら試合に勝てるのか?
どんなプレーをしたらチームを勝利に導けるのか?
どんな気持ちで試合に臨んだら勝てるのか?

試合に勝つためには「勝つためのメンタル」が非常に大切です。

強豪チームは自分達が相手に負けるわけない、どうやったら相手を圧倒できるかを無意識に理解しています。それは「先輩たちの背中を見て自然と学んだり」「名門チームの監督の指導」によるものが大きいでしょう。

試合に勝つためには「勝つためのメンタル」を学び、意識的にそこを強化しなくては強豪チームには勝つことができないのです。

今回はその「勝つためのメンタル」について、3つの大切なことについてお話したいと思います。スキル編とメンタル編の2本立てでお話しますので、スキル編に関しては下記リンクから読んでみてくださいね!

[kanren postid="2511"]

 

 

なぜバレーボールはメンタル強化が大切なのか?

メンタル面は即日で解決するものではなく、日々の練習・訓練が必要なものもあります。

バレーボールは常にボールが空中にある状態でキャッチしてはいけないという極限状態でプレーするスポーツです。そのためメンタル面がバレーボールのプレーに大きく影響します。

例えば、スパイクを打つときに練習でフリースパイク(ブロックもない状態)を打つ場合、普段はスパイクミスをしてアウトにすることなんてないのに、試合で緊迫した状態ではノーマークなのにスパイクを打つときにしっかり手に当たらずに大きくアウトになってしまったりすることがあります。

これはバレーボールが下手くそだからなるのではなく、緊迫した状態で身体が正常通り動いていないことにより生じたズレが原因です。

いくらバレーボールが上手くてもこれらのミスが出てしまっているうちは強いチームの選手になること、緊迫した場面に強い選手になることはできません。

簡単に言うと強心臓の選手になることができないのです。緊迫した試合展開でチームに貢献するためには、このメンタル強化は必須と言えるでしょう。

 

 

試合で勝つために大切な3つのこと

では、具体的に本題の試合で勝つために大切な3つのこと(メンタル編)についてお話していきましょう!

 

試合で勝つために大切なこと①試合前の事前準備
試合で勝つために大切なこと②試合中は全力を出すことだけを考える
試合で勝つために大切なこと③試合中はポジティブ思考

試合で勝つために大切なこと①試合前の事前準備

バレーボールの試合で勝つためには「試合前の事前準備」が大切です。これは「試合直前」と「試合数週間前」から試合に向けての気持ちの作り方の2つがあります。

まずは「試合直前」の気持ちの作り方

試合直前ではできるだけ集中力を高めなくてはなりません。

試合中に「集中してプレーしろ!」と叫んでいる監督を見かけますが、試合中に集中しろ!なんて言われて集中できる選手なんているわけがありません。試合前にどれだけ集中力を高めた状態で試合に臨んでいるかが重要なのです。

指導者であれば試合前に集中する方法を実践させてあげなくてはなりません。試合中に「集中しろ!」なんて言っている時点で手遅れなのです。

ゾーン状態・ゾーンに入るという話を聞いたことはありませんか?

野球選手であれば「ピッチャーが投げた球が止まって見えた」などがそれにあたります。このゾーン状態に入ったアスリートは最高のパフォーマンスを発揮します。

ゾーン状態は一流選手でも一生に数回しか入らないと言われています。なので、今回はこのゾーン状態ではなく、その一歩手前の「フロー状態」という状態に入るといいよ。という話をします。

フロー状態とはゾーン状態ほどではないですが、かなり高い集中力を維持している状態をいいます。実はフロー状態は皆さんが日常生活でも経験があると思います。

例えば・・・

 

・勉強していたら気が付いたら3時間経過していた
・読書をしていたらあっという間に1時間経過していた

等々、フロー状態とは簡単に言うと「何かに没頭している状態」なのです。

この没頭している状態を試合前・試合中に持ってくることが出来たならば、試合では当然最高のパフォーマンスが発揮できるという訳です。

このフロー状態は訓練することである程度入れるようになります。その訓練とは、毎日10分程度でいいので集中(没頭)して何かを行うクセを付けることです。

それはバレーボールじゃなくても結構です。読書でも、勉強でも、座禅でも。時間を忘れるくらい集中してその事1つだけに集中する訓練をしてください。そうすることで実際の試合前に短時間でフロー状態に入ることが出来るようになるのです。

 

 

試合数週間前の気持ちの作り方

試合中に何かに不安になって集中力が欠けてしまうことがないようにするためには、試合数週間前から試合に向けて気持ちを整理して不安を取り除いてあげる必要があります。

その為には対戦相手をイメージして、「この展開ならこのように対応してプレーしよう」「競った場面ではスパイクはストレートに思いっきり打とう」このように細かく事前に対応策を考えておくことで、実際の試合になった時に不安になることなく全力でプレーすることができるのです。

この事前準備無しに予想もしない局面に立たされた選手は不安からネガティブな考えが浮かんでしまい、全く活躍することができないのです。

試合で勝つために大切なこと②試合中は全力を出すことだけを考える

試合中は「上手くプレーしよう」「ここでミスしたらどうしよう」「次はこうやって動こう」なんて考えていては実はいけないのです。

①でもお話した通り試合に「没頭している」状態でなくては最高の集中力・最高のパフォーマンスを発揮することはできません。その他のネガティブな感情や思考は集中力を妨げるだけなのです。体も練習してきたのであれば、無意識で最善のプレーをしてくれます。

なので気持ちは「全力を出すことだけ」を考えて試合に臨んでください。それだけで最高の集中力を発揮しやすくなります。

試合で勝つために大切なこと③試合中はポジティブ思考

試合中は「自分ならできる」「自分のチームが負けるわけない」「くらえオラァァー!」ぐらいのポジティブ思考で試合に臨みましょう。

私が対戦していて嫌な選手は上手くないのにやたら強気で自信のある選手です。このメンタルの強い選手は劣勢であってもプレーは常に自信を持って強気なので厄介ですし、優勢の時はさらに強気で攻めてきます。

だってこの選手負けるなんて1ミリも思ってないんです。そりゃ強いですわ。強い選手になるにはこのメンタルは必須です。特にエーススパイカーでこのメンタル・性格を持っている選手は対戦相手からすると非常に厄介な存在です。

 

 

まとめ

バレーボールの試合で勝つためには「メンタル」「気持ち」の試合前・試合中の作り方が非常に大切です。

それは試合直前に準備するものもあれば、試合数週間前から準備するもの、日々の訓練が必要なものがあります。バレーボールの技術も大切ですが、大事な試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには、それだけでは足りません。

メンタル面もきっちり強化して最高の試合結果を出しましょう!

 



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事