【スパイクをドシャット!】ブロックのシャットアウト率をアップさせる3つの方法!




ブロックで相手のスパイクを真下に叩き落としたときは快感ですよね!

ブロックは何も考えずに手を出しているだけでは相手の強烈なスパイクをシャットアウトすることは難しいです。

今回はシャットアウト率を少しでもあげる方法を3つにわけてお話します!

少しでもシャットアウト率を上げたい人は参考にして下さいね!

ブロックのシャットアウトとは

シャットアウトとは相手のスパイクをブロックにより相手コートに叩きつけるプレーです。

相手にプレッシャー掛けることができるブロッカーはスパイカーからすると非常に脅威です。

試合を決める1点を奪取するプレーであり、一瞬にして相手との点差をつける事ができるプレーです。

ブロックが強力なチームは相手と圧倒的な点差をつける事ができたり、ブレイク力が高いので負けていても逆転する力があるチームが多いのが特徴です!

どうやったらシャットアウトになるのか?

6人制バレーに置いてブロックでのプレーのみ空中で相手コートに手を出していいのです。

スパイクやトスなどその他のプレーで相手コートに手を出すと「オーバーネットの反則」となり即失点となります。

「シャットアウトする」というプレーで最も重要なのは、相手コートに手を出すことです。

相手コートに手を出すことによりスパイクがブロックに当たった瞬間に真下にボールが落ちるので得点することができるのです。

このブロックが全く前に出ていない状態だと、ボールは真下に落ちずシャットアウトできません。

また真上に出しているようなブロックだとスパイクを真下に叩きつけられる怖さがありません。

そのため、思い切ってスパイクをブロックにぶち当ててきたり、わざと当ててブロックアウトを狙われてしまうデメリットがあるのです。

 

シャットアウト率をアップさせる3つの方法

ブロックのシャットアウト率をアップさせるには、3つのポイントを押さえておくといいでしょう。

ブロックはレシーブと同じで「読み」と「駆け引き」によって成り立ちます。

ただ出しているだけでは、上手いスパイカーは絶対にシャットアウトできません。

まずは失敗してもいいので、3つのポイントを意識してブロックをするようにしてみてください。

慣れてくるとワンタッチできる回数が増えてきて、少しでも相手のスパイクコースが甘いとシャットアウトできるブロッカーになることができます。

①相手の得意コースを事前に覚えていく
②スパイクを打つ直前まで相手のスイングを見る
③スパイクを打った瞬間に少しブロックの手を動かす

①相手の得意コースを事前に覚えていく

試合ではじめて対戦する場合は、相手チームのスパイク練習をよく見ておきましょう。

スパイクの打ち方のクセ・得意とするコースを覚えていくことは非常に重要です。

例えば、

体が傾いたらストレートしか打てない!

体の向いた方向にしかスパイクが打てない!

ストレートに打つ時に打点が下がる!等。

このような事前情報を試合前にインプットしておくことが大切です。

打ってくるコースの選択肢が「スパイク時の体勢」や「動きのクセ」などで減らすことができれば、シャットアウトできる確率がぐんっとアップします!

ビデオなどで対戦相手の試合を観れるのであれば、事前にチームで観てやることを共有しておくといいでしょう!

②スパイクを打つ直前まで相手のスイングを見る

ブロックでジャンプしたら相手の「スパイクをスイング」や「体勢」を空中でよく見るようにしましょう。

怖くて目をつむってしまったり、顔を下に向けてしまってはシャットアウトする確率が減ってしまいます。

よくスパイカーを見ることで、

この体勢からはクロスは打てない・・・

フェイントに切り替えた!

体が傾いているからストレートだ!

と打つ前にコースがある程度わかるようになります。

このよく見るという行為はとても大切で、これが出来るようになると「③スパイクを打った瞬間に少しブロックの手を動かす」の効果が大きく発揮されることになります!

③スパイクを打った瞬間に少しブロックの手を動かす

相手がスパイクを打った瞬間にブロックを動かします。

これでシャットアウト率がグンッとアップします。

ジョン
なんで動かしただけでシャットアウトできるの?っと思う人も多いんではないでしょうか?

これは「②スパイクを打つ直前まで相手のスイングを見る」と関連しています。

相手のスパイクスイングをよく見ることでスパイクコースがある程度わかるようになります。

事前に打ってくるコースを「読む」ことができるようになることが②の目的なのです。

スパイクが打たれるコースが分かれば、そのコースに手を出してあげればシャットアウトすることができる。ということなのです!

大切なのはスパイクを「打った瞬間」に手を動かす。

ということです。

打った瞬間であれば、相手の手からボールは離れているのでスパイクコースを変更することはできません。

打つ瞬間には無かったブロックがスパイクを打ったあとに抜けるはずのコースに現れるのです。

相手からすれば脅威ですよね。

相手にこのブロッカーはスパイクコースを「読んで」ブロックを動かしてくる!?

と一度でも思わせれば、大げさにブロックを避けようとしてきます。

そうすれば、こんなメリットがあります。

・相手のスパイクが「アウト」や「ネットに掛かる」ミスをする確率がアップ

・思い切ったスパイクコースを選択しにくくなる

こうなれば、相手のスパイカーは怖くありませんよね。

正しい「読み」でブロックの手を相手がスパイクを「打つ瞬間」に動かしてやることで相手にこれほどのプレッシャーをかけることができるブロッカーになることができるのです!

まとめ

バレーボールは「読み」が大切なスポーツです。

相手の動きを少しのヒントから事前に予測し、相手より先に動かすことで相手を圧倒することができます。

バレーボールは高速で動くボールをレシーブしたりブロックしたりするスポーツですので、予想(読み)がとても大切です。

相手の動きから少しでも次の動きの情報を得るクセをつけて、相手の次のプレーを予測しましょう!

そうすることで一段階上のプレイヤーになることができます!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。