バレーボールで相手の強烈なスパイクをシャットアウトするのは、とても気持ちいですよね!チームがピンチの場面で1枚ブロックでドシャット!一気に試合の雰囲気が逆転する瞬間です!

今回はチームの雰囲気を一気に変えることができるキルブロックを決めるコツについてお話したいと思います!

 

バレーボールのブロックとは?

バレーボールではスパイクを止めるブロックという技術があります。この味方のブロックしかない状態では、相手の強力なスパイクに対抗する事ができなくなるのです。

[box class="green_box" title="ブロックの主な役目は3つ"]①スパイクをシャットアウトするブロック

②スパイクのコースを限定してレシーバーが拾いやすくするブロック

③スパイクに触ることでスパイクの威力を弱めるブロック[/box]

 

ブロックと言われると①「スパイクをシャットアウトするブロック」に目が行きがちですが、勝つためにはレシーバーと連携する②「スパイクのコースを限定してレシーバーが拾いやすくするブロック」や③「スパイクに触ることでスパイクの威力を弱めるブロック」が必要になってきます。

 

強いチームはこの連携でのディフェンスが必ず強いです。

 

男性バレーを見ればわかると思いますが、一定レベルを超えると人間の反応速度を超えたスパイクが放たれます。このスパイクを拾って攻撃を展開しようとすると「スパイクの威力を弱める」or「スパイクのコースを限定する」必要があるのです。

 

シャットアウトするブロック

なんだこのブロックは(笑) 顔面でシャットアウトされそうだな・・・

さてさて、最近はバレー漫画が多く「ハイキュー」などでもよくバレー単語を聞く機会が増えました。

 

シャットアウトするブロックの事を「キルブロック」と言います。言葉通り「殺すブロック」つまり相手スパイクを叩き落として強引に1点もぎ取るブロックです。

 

試合中にこのブロックが出た時は試合の流れも手に入れる事ができるほど、盛り上がるプレーの1つです。

 

その分、難易度も高く止めるには最低限のブロックの高さは必要になります。真下に叩き落とすようなブロックは相手が放つスパイクをブロックで被せてしまわないといけません。

 

[box class="green_box" title="1点をもぎ取るキルブロックで大切なポイント"]①腕をしっかりネットから前に出す事。上ではなく前へ!

②スパイクが打たれる瞬間に指までしっかり力を入れる事!

③ブロックを飛ぶタイミング[/box]

 

ブロックにはジャンプ力が必須!そのトレーニングを紹介しています!

 

★その他のバレーボールのトレーニングについてはこちら!

[kanren postid="169,168"]

 

①腕をしっかりネットから前に出す事!上ではなく前へ!

せっかく高さのあるブロックをしていても、腕が天井を向いていてはシャットアウトする事は難しくなります。スパイクがボールに当たった瞬間、角度を変えて相手コートに落ちる。そんなブロックになる腕の角度が必要なのです。

また腕が上を向いた状態でブロックするとパワーのあるスパイクには押し負けてフっ飛ばされてしまいます。

しかし前に出すことにより、ブロックする時に体幹に力が入りやすいのでフっ飛ばされにくいブロックとなります。

 

②スパイクが打たれる瞬間に指までしっかり力を入れる事!

常に力を入れるのではなくスパイクを打たれる瞬間というのがポイントです。

意外とできていない人が多いのですが、手を広げて指まで力を入れる事でスパイクでふっ飛ばされる事が減ります指を前に突き出すと危険なので、腕を前に出して手は少し上に向けるといいでしょう。

 

③ブロックを飛ぶタイミング

飛ぶタイミングこれが一番大切です。

ブロックを飛ぶタイミングが全然違うとどれだけ高いブロック、いい手の形をしていてもシャットアウトする事はできません。

 

★ブロックを飛ぶタイミングが早すぎる場合

ブロックが落ちていく時にスパイクを打たれる事になります。

ブロックの上を通過するスパイクはレシーバーが一番拾いにくいスパイクです。ブロックがあるから通常抜けてこないコースにスパイクが来るわけですから当然拾える確率はとても低くなります。

また早く飛びすぎるとブロックの上を通過するだけでなく、スパイカーがブロックを見る時間が増えるのでブロックアウトなどブロックを利用したスパイクを狙われやすくなります。

 

★ブロックを飛ぶタイミングが遅すぎる場合

ブロックが間に合わずノーブロックに近い状態で打ち込まれる事になります。もちろん拾える確率はとても低くなります。

 

キルブロックの心得

世界トップレベルのブロックは桁違いですね!高い上に形がパーフェクトです!
ブロックは必ずブロックで得点を取ってやるんだ!という心構えが大切です!

相手のスパイカーが凄すぎて止まらない時でも、この気持ちがないとブロックでプレッシャーをかけてやることができません。たとえシャットアウトやワンタッチができなくても、「止めてやる」という意思が伝わってくるブロックはとても嫌なものです。

いいブロックをするにはしっかり腕を前に出す事とタイミングが大切という話はしました。それ+αで止めてやるという意思が加われば更に脅威的なブロッカーになれることでしょう。

 

★ブロックには高さが必要です!ジャンプ力が欲しい人はこの記事を読んでくださいね!

[kanren postid="142"]

 

ブロッカーとスパイカー1対1の駆け引き

この動画のブロック凄すぎます!必ずブロックしてやるという意思がビシバシ動画越しに伝わってきますね!

 

6人制バレーボールでは、コンビバレーでブロッカーが追いつけず1枚ブロックでスパイカーと勝負しないといけない場面が多々あります。そんな場面でいつも通りブロックしていたのでは、ブロック正面に打ってくるスパイカー以外シャットアウトする事はできません。

 

1対1になった時は、クロスに打つのかストレートにスパイクを打つかフォームや目線、得意コースまで加味して腕を動かしてシャットアウトを狙いに行きます。チームによっては、腕を動かさずに真っすぐしたままにしとけ!というチームもあります。それはレシーブに自信のあるチームである場合が多いです。

 

腕を振るブロックは読みが合えば強力なブロックですが、読みが外れればスパイクコースを広げてしまうレシーブを邪魔するブロックなのです。

 

[box class="green_box" title="個人的な意見としては"]ブロックが2枚そろった時は腕を振るな!

ブロックとスパイカーが1対1なら勝負を挑んで戦え![/box]

と考えています。

 

上達してくると1枚ブロックにされた時点でほぼ得点されてしまいます。それならば少しでも触って威力を弱めるorシャットアウトしてしまう方がいいと考えるからです。

2枚そろった時に腕を振らない理由としては2枚ブロックが意思を揃えて同じ方向に腕を動かすというのが難しく、多くの場合2人のブロックに隙間ができてしまうのです。

チームの方針でブロックの位置やレシーバーの位置は変わるので、チーム内でしっかり話し合ってブロックシステムを構築していってくださいね!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事