【衝撃!】バレーボールは身体能力をあげるだけで勝率がグッとアップする理由




【YouTube動画解説!】元Vリーガーが楽しく教えるバレー上達方法!

 

↑ここをタップするとチャンネル登録出来ます!
元Vリーガーであるカッキーの経験してきたバレーの練習方法やライバルに差をつけるコツについて中心にお話しています!チャンネル登録よろしくね♪

 

バレーボールは身体能力を上げるだけで、ライバルと差をつけることが出来るし、試合にも勝つことができると考えています。それは偏った考えなのかもしれません。しかしそれは事実です。

 

私もまだ現役バレーボーラーです。バレーボールのレベルが上がれば上がるほど、バレーボールは「身体能力の差」で決まると痛感させられます。

 

バレーボールは身体能力の差で勝敗が決まる

これらの技も身体能力により進化する

ブロックアウトを狙う技術...

ボールを打つタイミングをズラす技術...

打つコースを打ち分ける技術...

 

バレーボールは奥が深く点数を取る技術が様々存在します。170cmしかない選手でも200cm選手のブロックから点数を取ることだって可能です。

 

しかし、同じ技術・同じ身長を持った人間が対戦した時「70cmしかジャンプできない選手」は「100cmジャンプする選手」に敵わないでしょう。ただあなたが上を目指すなら身体能力の向上は必須なのです!このサイトを見ているあなたはバレーボールを少しでも上手くなりたい気持ちがあるのだと思います。

 

カッキー
願わくばこのブログが、「バレーボール技術」「最高の身体能力」どちらも手に入れたいと望むプレイヤーの手助けになればと思います。

 

さて、バレーボールにおける身体能力とは何を指すのでしょうか?

  • ネット際での押し合いの強さ?
  • ブロックの上から打つことのできるスパイク力?
  • どんなボールでも拾ってしまう足の速さ?

 

カッキー
全てに共通しているのは「瞬発力」です!

 

「いやいや、そんなこと分かってるよ!」と言う人もいるとは思いますが、案外正しいトレーニング・正しい練習方法を知らない人が多いと思います。それは年々トレーニングや理論がどんどん変わっているためです。

 

昔は筋力トレーニングは毎日やるんだ!

筋肉痛が出なければ筋トレではない!

ジャンプ力をつけるにはとにかく走りまくれ!

など根性論が多数だった時代から、有名な「超回復理論」「初動負荷トレーニング」など様々な理論やトレーニングが出ています。

 

そんな理論やトレーニング方法などを紹介していきたいと思います。もちろんバレーボーラー目線でバレーボールに必要なトレーニングを厳選して紹介します!!

 

具体的にどんなトレーニングをすればいいのか?

まずバレーボールの身体能力アップに欠かせない能力は「瞬発力」だとお話してきました。この瞬発力というのが曲者で「オラァァー」と何も考えずに重たいバーベルを上げているだけでは伸び悩んでしまうんです。

 

筋肉は手に入れたい能力によって鍛え方が違うのです

カッキー
瞬発力を鍛えるのであれば、「プライオメトリクストレーニング」と呼ばれるスピードを重視したトレーニングが必要になります。

 

パワーリフティングや陸上競技(短距離)の選手が良く行うトレーニングです。バレーボールも瞬発力の競技なのでトレーニングに「プライオメトリクストレーニング」を導入することで大幅にジャンプ力アップなどが期待できるのです。

 

プライオメトリクストレーニングについて詳しくはこちら!

 

実際に私の指導している大学生もこの瞬発力トレーニング「プライオメトリクストレーニング」を導入することで、飛躍的にジャンプ力がアップした選手がいっぱいいました。実際に私もこれらを複合的に取り入れた「ジャンプアタック」という本のトレーニングを続ける事で3ヵ月で30cm以上のジャンプ力アップを経験しています。

 

 

ジャンプ力が3ヵ月で30cmアップ出来る方法についてはこちら!

[kanren postid="142"]

 

次にバレーボールでは体幹の強化が重要です

カッキー
バレーボールは瞬発力を鍛えたら次は「体幹の強化」が重要となります。

 

バレーボールのスパイクを打つ時は必ず空中にいるので不安定な状態でスパイクを打たなければなりませんよね?体幹が弱いと空中で姿勢を維持できないので、スパイクを打つ力をボールに120%伝えることが出来ないのです。体幹を空中で安定したスパイクフォームを維持できるぐらい鍛えておくことで、スパイクの威力がアップするのです。

 

バレーボールに有効な体幹トレーニングについてはこちら!

 



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事