バレーボールのブロックが横に流れてはいけない3つの理由とは!




【YouTube動画解説!】元Vリーガーが楽しく教えるバレー上達方法!

 

↑ここをタップするとチャンネル登録出来ます!
元Vリーガーであるカッキーの経験してきたバレーの練習方法やライバルに差をつけるコツについて中心にお話しています!チャンネル登録よろしくね♪

バレーボールのブロックは相手がスパイクを打つ位置に移動してジャンプします。この時にジャンプが「横」流れてしまうと、上手く相手のスパイクをシャットアウトできません。

 

理想のブロックは横に移動して真上にジャンプすることです。どうしても横に移動する力に流されてしまいブロックが横に流れてしまう選手が多いのです。ブロックが横に流れることを改善するだけでブロックでのシャットアウト率が大幅にアップします!

 

なぜ「横」にブロックが流れてはいけないのか?

では、なぜブロックは横に流れてはいけないのでしょうか。それには3つの理由があります。1つ1つ具体的に解説していきますね!

 

①正しいポイントでジャンプできない

ブロックが空中で横に流れてしまうので、本当にブロックで防ぎたかったコースから外れてしまうことが多いです。真っすぐジャンプして真っすぐ落ちるブロックをした場合は防ぎたかったコースを抑えることができますが、流れてしまったら抑えたいコースを一瞬しか防ぐことができません。

 

またレシーバーから見た時にブロックがあったはずの位置から急にボールが抜けてくるように見えるので、とてもレシーブがしにくくなるのです。

 

②ブロックアウトになりやすい

横にブロックが流れているということは、力の流れも横に動いていることになります。

 

なので進行方向に向かってスパイクを打たれた場合は、その方向に当たったスパイクのボールも飛んでいきやすくなります。レフト側でスパイクを打つ時に流れてくるブロッカーにスパイクが当たったら簡単にコート外に飛んでいくのは、これが理由なのです。真上に飛ぶことでブロックアウトされる確率をグンッと減らすことが出来るのです。

 

③クロスコースにスパイクが抜かれやすい

ブロックがコート外側に向けて流れてしまっているので、クロスコースに空きが出来てしまいます。そのため、クロスコースがガラガラになる事が多く、またブロックが流れているのでレシーバーからすると「嫌なスパイクの抜け方」をしたり「変なワンタッチ」をする可能性が高いのです。

 

ブロックが流れているので、クロスコースのブロックの締めが甘くなってしまうんですね。

 

★ジャンプ力アップについてはこちら!

 

横に流れない2つの正しいブロックの方法とは

横に流れない正しいブロックの方法は2つあります。2つのコツを意識してブロックをすることで横に流れない良いブロックの形を作ることができるのです。

 

①横に移動して真上にジャンプする

横にブロックが流れないようにするには、横に移動したら真上にジャンプするように心掛けましょう。

 

移動した勢いでジャンプしてしまうと、斜めにジャンプしてしまうことになります。斜めにジャンプしてしまうとブロックの「高さ」が十分ではなかったり、ブロックのジャンプする「位置」がズレてしまってポイントを外してしまうことになります。

 

★ブロックでシャットアウトする方法はこちら!

 

②腰を落とした状態で移動してジャンプする

ブロックで横移動する時には、ただ立っている状態ではいけません。腰を落とした状態でブロックを構えます。その腰の少し落ちた状態のまま横移動をしてそのままジャンプします。

 

★メリットとしては・・・

腰が落ちた状態でそのまま横に移動することで、ジャンプする時に腰を下げなくてもそのまますぐにジャンプすることができます。そのためジャンプの動作がコンパクトになり横に流れることを防ぐことができます。

 

またジャンプする動作が少なくて済むため、素早くジャンプしてブロックを完成させることができるようになるのです。

 

ブロックが「横」に流れないようにする練習方法

ブロックで横に流れないようにするためには、腰を落とした状態で1歩で横に動いてそのままジャンプするというブロックをまずは覚えることが効果的です。

 

この練習に慣れることで、腰を落とした状態で一歩で高くジャンプできるようになるのでどんな場面でも対応しやすいブロックの基本のジャンプを覚えることができるのです。実際に台上からスパイクを打ってもらい、タイミングを合わせることでシャットアウトする練習にもなります!反復して感覚を身に付けていきましょう!

 

★横に流れないブロックの練習方法
  1. スパイクを打てる台を2つ用意します。
  2. 打ち手は2人、ブロッカーは1人、合計3人です。
  3. まずはどちらかの台の前に立ちます
  4. 打ち手がボールを上げてスパイクを打つので、そのタイミングに合わせてブロックジャンプします。
  5. その場でブロックして着地したらすぐに横移動をしてブロックします。①~⑤を2往復(4回ブロック)×5セット

 

まとめ

ブロックが横に流れてしまうことで、「ブロックの高さ」が落ちてしまったり、「ブロックアウトされる」場面が増えてしまう事が多くなります。

 

しっかりと横に移動して真上にジャンプするというブロックの基本の形を体に覚えさせることでどんな場面でもブロック出来る粘り強い選手になっちゃうことができるかもしれません!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事