バレーボールのブロックでシャットアウト出来る!3つの正しい手の出し方とは!




バレーボールでブロックは相手から最も早く強引に得点を奪うプレーです。ブロックの強いチームは相手のスパイカーにプレッシャーを与えることができるので、試合を有利に進める事が出来るのです。

しかしブロックのフォームや手の出し方が悪いと、逆に味方のレシーバーを邪魔してしまうブロックになってしまうことがあります。正しいブロックの手の出し方を意識することで、シャットアウトする数も増えて、味方のレシーバーを邪魔することもなくなります。

今回はその「ブロックの手の出し方」についてお話したいと思います!

悪いブロックはなぜレシーバーの邪魔をするのか?

↑※正しいブロック方法

悪いブロックはレシーバーの邪魔をしてしまうことがあります。正しいブロックは横に移動して真上にジャンプするため、しっかりと相手コートに手が出るので空中で横移動するようなブロックにはなりにくいです。

空中で横移動するようなブロックになると、今までブロックがあったはずのところにブロックが無くなるので、突然スパイクが抜けてきたように見えるのです。
また中途半端にブロックに当たるとスパイクの軌道が大きく変化するのでレシーバーが反応できないのです。

このようなブロックをレシーバーの邪魔をするブロックと言います。

スパイクをドシャットする方法はこちら!

【スパイクをドシャット!】ブロックのシャットアウト率をアップさせる3つの方法!

2018.11.19

 

ブロックの正しい3つの手の出し方とは!

ブロックには正しい手の出し方があります。その出し方を意識することで、シャットアウト率がアップしたり、ブロックの吸い込みを減らすことができます。

練習の時から常に3つのコツを意識しながら反復練習することで無意識にいい形のブロックができるようにしましょう!

①白帯ギリギリを通して前に手を出すようにする

②小指と親指を広げるように力を入れる

③スパイクコースに手を出すイメージで手を出す

①白帯ギリギリを通して前に手を出すようにする

ブロックはネットの白帯スレスレから「スッと」手を出すようにするといいでしょう。白帯から手や腕が離れすぎていると、そこにスパイクを打たれた場合にボールを吸い込んでしまうリスクがあります。

ギリギリから手を「スッと」出すことにより、スパイクを吸い込むリスクを減らして、当たれば真下に落ちるブロックの形を作ることができます。ネットタッチか怖いから「白帯から手を離したい」という選手もいますが、これは逆にネットタッチのリスクが上がります。

理由はネットから手が離れた状態からシャットアウトしようとして、手を前に動かした場合にネットに触ってしまうからです。

あとどれだけブロックしてる手を動かしたらネットを触るのかわからない状態で動かすとネットタッチのリスクが上がってしまうんです。それであれば最初からネットの白帯ギリギリに手を通す方が距離感が分かるのでネットタッチしにくいと言う訳ですね。

ブロックの正しいステップはこちら!

【バレーボールのブロックのコツ!】サイドステップとクロスステップの違いとは?

2018.06.25

 

②小指と親指を広げるように力を入れる

スパイクがブロックに当たった時に遠くに吹っ飛びやすい選手も多いと思います。これはブロックがただ手を出しているだけで指先まで力が入っていないことが原因です。

ブロックで吹っ飛ばされないようにするためには、相手がスパイクを打つ瞬間に「小指」と「親指」に力をぐっと入れてください。そうすることで手全体に力が入るのでブロックが吹っ飛ばされにくくなります。

POINTは「打たれる瞬間に力を入れる」ことです。ずっと力を入れたままにすると、スパイクが手に当たる時にはMAXの力が指に入っていないことがあります。また力を入れた状態でブロックをすると、力んでしまって他の動きがおかしくなりネットタッチしてしまうリスクがアップしてしまいます。これらを避けるために相手がスパイクを打つ瞬間に「小指」「親指」にぐっと力を入れるようにしてみてくださいね!

③スパイクコースに手を出すイメージで手を出す

ここは少し感覚的な話になりますが、このイメージを掴めればシャットアウトする確率が大幅にアップします。ただ真っすぐ綺麗にブロックが出せるようになっていることが前提なので、まずは基本通り正しく前にブロックが出せるように練習してみてくださいね。

ブロックでシャットアウトする方法で最も簡単なのは、相手が打ってくるスパイクコースに「先に」手を出してあげることです。空中で相手の姿勢、得意コースを読んで先にスパイクが抜けるコースにシャットアウト出来る手の形でブロックを出すのです。それだけで簡単にシャットアウト出来るようになります。

スパイクを打つ前に相手のスパイクコースが「線」で見えるようにイメージして予測するとシャットアウトしやすくなります。そのコースに相手が打つ瞬間に手を先に手を出してあげます。そうすれば、相手は打った後なのでスパイクコースを変えることはできないのでシャットアウトされます。また打つ瞬間にこちらが先に手を動かしているので、ブロックの完成が遅れることもありませんので、当たればドシャット間違いなしです。

但し気をつけなければいけないことは、バレーボールはチームプレーなのでこのブロックでコースの予測を外してしまうと味方のレシーブを邪魔してしまうリスクがあります。なのでこのブロック方法を使う時は2枚ブロックで揃っているときではなく、1枚ブロックで相手に得点される可能性が高い時などに使うようにしてみてくださいね!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。