バレーボールのスパイクを打つときにスナップを上手に使えるようになりたいですよね。

[box class="green_box" title="スナップを上手に使えるようになることで・・・"]・スパイクのドライブ回転の回転数がアップしたり!

・スパイクのキレが増したり!

・相手のブロックの上からスパイクを打てたり![/box]

このような効果があります。正しいスナップの使い方を覚えることで、スパイクスピードも上がるので試合でのスパイク決定率を大幅に上げることだって可能です!

【質問】バレーボールでドライブ回転のかかったスパイクが打てません。

スナップを使って打つことは理解していますが、スナップを使うのが早すぎて指先に当たったり...

スナップを使うのが遅すぎて手首に当たったり...

 

【回答】バレーボールでドライブ回転のかかったスパイクが打てません。

スナップを使おう使おうと力むと手がバレーボールに巻き付かずドライブが掛かりません。スナップの効いたスパイクを打つために重要なポイントは手首の柔軟性がカギです。

手首の柔軟性がないと、球体であるバレーボールをしっかりと捉える事ができません。スパイクのドライブ回転はボールを包み込むように手のひらで打つことで縦回転が掛かってスパイクが最後に落ちるというスキルです。

ボールを包み込むように打たなければならないのに、手首がガチガチだったら上手く包み込んで打てないですよね!

手首の柔軟性を保つための3つの方法

スナップを上手に使うためには手首の柔軟性が大切です。柔軟性を保つための方法を3つにまとめてみました。
[box class="blue_box" title="スナップを使う3つの方法"]①脱力すること
②スナップを使って(手首を意図的に折り曲げて)バレーボールを打とうとしないこと
③脱力したことによりムチのようにボールに手が巻き付く感覚を掴む練習をすること[/box]

①脱力すること

スナップの効いたスパイクを打つためには、肩や腕の力を抜いてスパイクを打つことが大切です。人間の体は力が入った状態だと真っすぐ硬くなってしまいます。

ボールを巻き込むようにスパイクを打つことでスナップの効いた回転率の高いスパイクを打つことができます。

力が入った状態だとスパイクを打つ時にボールを巻き込むことができないので、ドライブ回転を上手くかけることができなくなるのです。

②スナップを使って(手首を意図的に折り曲げて)バレーボールを打とうとしないこと

スナップを使おうとしてスパイクのインパクトの瞬間に手首を曲げるような動作はしないようにしましょう!

このような動作をすると手首を使っているような感じはしますが、実際のスパイクの回転数は少ないです。回転数の高いスパイクを打つためには、手首を意図的に動かしてドライブ回転を掛けるのではなく、ボールに自然と手首が巻き付くような感覚を習得してみてください!

③脱力したことによりムチのようにボールに手が巻き付く感覚を掴む練習をすること

まずは壁打ちで力を抜いた手がボールに勝手に巻き付く感覚をつかむ練習をしましょう。手首に力を入れても打点が下がりアウトばかり量産していまいます。

あなたがもしバックアタックまでこなしたいプレイヤーであるならば、この感覚は早く身につけるとライバルに差がつけられるでしょう。

[box class="blue_box" title="おすすめ練習方法"]
  1. 壁打ち
  2. 対人レシーブで脱力スイング!
[/box]

まずは壁打ちで反復練習して、手首を脱力する感覚を掴みましょう。

  強く打とうとすると手首が硬くなってしまい、ボールを上手に巻き込んでスパイクを打つことができません。

 

手首は柔らかく保ち、ボールに手首がムチのように巻き込むイメージで練習をしてみてくださいね!まずは地面に足をつけた状態の壁打ちで打ち方の感覚をマスターしましょう。

手首はダラダラに力を抜いた状態でボールを打つと「ペシッ」と言う感じでボールを叩くことができると思います。

下手に手首をインパクトの瞬間に曲げてドライブ回転を掛けようとするのではなく、力を抜いておいて当たった瞬間に勝手に手首がボールに巻き付く感覚で打つといいですよ!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事