バレーボールのライトポジションに求められる3つ能力




ライトポジションの選手はどのような能力が求められるのか?

どんな選手がライトポジションに向いているのか?

今回はライトポジションについて詳しくお話したいと思います。

ライトポジションとは

ライトポジションは他のポジションと比べて色々な能力を求められます。

なんでも器用にこなせてチームのバランスをとる役割を担っています。

 

 

ライトポジションの選手に求められる3つの能力

①レシーブ力

②コンビネーション攻撃

③総合力

 

①レシーブ力

ライトポジションの選手は安定したレシーブ力が求められます。

サーブカット、強打レシーブなどの守備の要として重要なポジションです。

またライトはセッターの対角のポジションなので攻撃する時は必ず3枚攻撃になります。

レフトに比べて味方の攻撃枚数が多いので、前衛の時も積極的にサーブカットに参加する必要があるのです。

また強打レシーブはライトポジションで行う事が多いため、ストレートに打たれる強烈なスパイクやフェイントをレシーブしなくてはなりません。

ライトの選手がレシーブが下手だと、チームが攻撃でも守備でも苦しい場面が多くなってしまいます。

逆にレシーブが上手い選手がライトにいる場合は、レシーブ参加率が高いので安定したレシーブでセッターにボールを供給することができるため、チームのスパイクが決まりやすくなります。

 

②コンビネーション攻撃

ライトの選手は味方3人で攻撃できるため、時間差攻撃やライト平行など速いコンビネーションに参加して得点を取ることが多いです。

時間差攻撃などは機動力が必要なので、素早い動きや相手を惑わす動きを身に付けなければなりません。

コンビネーション攻撃はセッターと息を合わせていないと、全然攻撃できなかったり、失敗してしまったりする事が多いです。

セッターとコンビ練習をたくさんして得点を取れるようになりましょう!

 

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-1564
続きを読む

 

③総合力

ライトの選手は「スパイク」も「レシーブ」もできるオールラウンダーな選手が向いています。

また相手のレフトエースの前でブロックに飛ぶため、ブロック力も必要なポジションとも言えます。

経験豊富な選手がライトにいるチームは安定していて強いです。

 

ライトに向いている選手はどんな人?

ライトに向いている選手は「攻撃」「守備」両方が上手い選手です。

攻撃では、派手なパワー高さのあるスパイクだけではなく、時間差攻撃などの速い攻撃やブロックアウトなどで上手く得点が取れる選手が向いています。

守備では、レシーブの要となるので積極的にレシーブ参加して攻撃の流れを作れるレシーブをしなくてはなりません。

性格は冷静沈着に相手を見極めて相手の嫌がるところを的確に攻撃できる選手が向いています。

カッとなりやすいタイプよりも内なる闘志を持っている人が向いていると思います。

 

オポジットとは

ライトポジションはエースより攻撃に特化している「オポジット」というポジションがあります。

「スーパーエース」と呼ぶこともあります。

ライトポジションで攻撃に特化したポジションでサーブカットにも参加せずに、後衛からは常にバックアタックで攻撃参加します。

攻撃特化したポジションなので、打点の高く決定力のあるスパイカーがなることが多いポジションです。

 

まとめ

ライトポジションには「総合力の高い選手」がなるか、攻撃に特化した「オポジットの選手」がなることが多いです。

ライトポジションの活躍次第で大きく試合展開が変わります。

それほど重要なポジションですし、求められる内容もレベルが高いです。

ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。