ダイレクトスパイクって簡単そうに見えて意外と難しいですよね。自在に打てる方向がコントロール出来るようになったら相手が咄嗟(とっさ)にブロックに飛んできても避けてスパイクすることが出来ますよね!

今回はダイレクトスパイクをクロス方向にコントロールする方法についてお話ししたいと思います。コツはたったの3つなので、練習の時から意識してプレーみてくださいね!

ダイレクトスパイクをクロスに打ち込む2つの方法

ダイレクトスパイクをクロスに打ち込むには大きく3つの方法があります。まずはこの2つの方法をマスターするようにしましょう!

 

ダイレクトスパイクをクロスに打ち込む方法①ネットと体の間に空間を作る
ダイレクトスパイクをクロスに打ち込む方法②身体を打ちたい方向に向ける
ダイレクトスパイクをクロスに打ち込む方法③スイングした後の腕が身体の側面を通るようにする

[kanren postid="2831"]

ダイレクトスパイクをクロスに打ち込む方法①ネットと体の間に空間を作る

ダイレクトスパイクに限らずスパイクを打つときにはネットと自分の身体の間に空間を作ってあげましょう。理由は「スイングする空間を作るため」です。

スイングする空間がない状態、つまりネットに身体が近い状態でスパイクすると腕が振れないのでいいスパイクが打てないだけでなく、ネットタッチなどの反則をしてしまうリスクが高まります。これらの反則をしないようにして、いいスパイクを打つためにはネットから身体を離さなくてはならないのです!これ一番重要です。

他のスパイクのスキルにも共通ですが、ボールに被ったような(自分の身体の真上にボールがある状態)状態でスパイクを打つとスイングが上手くできないだけでなく、ボールの下を叩くことになるので、ミスにつながりやすくなるのです。

ダイレクトスパイクをクロスに打ち込む方法②身体を打ちたい方向に向ける

ダイレクトスパイクを打ちたい方向にしっかりコントロールするためには、まずは身体を打ちたい方向に向けるところから始めましょう。向いた方向に綺麗に真っすぐに打てるようになってからどんどん応用することをオススメします!

クロスに打ちたいのであれば、クロス側に身体を少し向けて真っすぐ打てばクロスにダイレクトスパイクが飛んでいくようにするといいでしょう。

ダイレクトスパイクをクロスに打ち込む方法③スイングした後の腕が身体の側面を通るようにする

クロスに向いてダイレクトスパイクを打っているのにうまくコントロールができないという選手を多く見かけます。この原因としてスパイクスイングが上手くできないことが挙げられます。

画像はレフトからのストレート打ちをしているスパイクですが、ダイレクトでクロス方向に打ちたい時に、このような打ち方でスイングした腕が身体の前を通って内側に来ている場合は打ち方が間違っています。

クロスに打ちたい場合は身体の側面をスイングが通るように打つことで綺麗にクロス方向に打ち込むことができるのです。

まとめ

ダイレクトスパイクは試合の流れを大きく変えるプレーです。味方がいいサーブを打って直接ボールが返球されてきた時、味方がいいスパイクを打って直接ボールが返ってきた時、このボールを正確に相手コートに叩きつけることが出来れば、ブレイクポイント(相手と点差を付ける得点)をゲットすることができます。

ダイレクトスパイクが下手だと相手との点差をつけることができないので、どんな相手にも苦戦してしまうのです。またダイレクトスパイクは簡単そうに見えますが、実はしっかり今回ご紹介したコツ・方法を理解していないと、「なんかダイレクトって力が入らなくて苦手」という選手が多く出てしまいます。

しっかりとダイレクトのコツ・方法を理解して、練習の時から反復してみてくださいね!絶対に得意なプレーにすることができますよ!

 



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事