バレーボールのスパイクを真下に叩きつける3つのコツ




バレーボールのスパイクって真下に叩きつけると気持ちいいですよね!

試合中にはブロックが少ない場面でしか役に立たないスキルかもしれませんが、鋭角にスパイクを打つスキルというのは必要です。

「やらない」と「できない」は違います。

ノーブロックで確実に決めたい場面で鋭角に叩きつけられる選手とそれが出来ない選手ではスキルに明確な差がありますよね。

毎回、鋭角に打つスパイクを続けていたらブロックにシャットアウトばかりされてしまうので注意が必要ですが(笑)

 

スパイクを真下に叩きつける3つのコツ

コツ①ボールと体の距離を確保してスパイクする
コツ②ボールに被った状態でスパイクしない
コツ③スパイクジャンプをできるだけ真上にする

 

コツ①ボールと体の距離を確保してスパイクする

ボールと体の距離を確保してスパイクしましょう。

体の前にボールが常にあるイメージでスパイクすると鋭角なスパイクを打つことができます。

また体の前でボールを叩くことで、体重をボールに乗せることが出来るようになります。

結果スパイクの威力があがるので、叩きつけたボールが跳ね上がりやすくなりますよ!

目指せギャラリースパイク!!

スパイカーならみんなギャラリーにスパイクを乗せようとしますよね(笑)

 

コツ②ボールに被った状態でスパイクしない

この画像のように体にボールが被った状態でスパイクしても、絶対に鋭角なスパイクは打てません。

ボールに被らず体の前でしっかりとボールを叩きましょう。

距離感を身に付ける練習方法

感覚が分からないうちはスパイクを「打たない方の手」でフェイントをすると、正しいボールとの距離感をつかみやすくなりますよ。

スパイクジャンプまでは全く同じです。ジャンプして空中で「打たない方の手」でフェイントしましょう。

 

ボールと被るデメリット

①ボールを見た状態だと前が見えないので、ブロックや相手コートが全く見えないのでスパイクミスをしやすくなる

②少し打つタイミングがずれると、指先に当たってすぐにスパイクがアウトになる(ふかしやすい)

③体重が乗らない手打ちになるのでスパイクの威力が全くない

 

ボールに被った状態でスパイクを打つのは、鋭角にスパイクを打たない時もデメリットだらけなので注意しましょう。

ボールに被っている状態でスパイクしている選手は、スパイクをアウトにしやすい(ふかしやすい)ので意識的に改善しましょう。

自分ではわかりにくいことが多いと思いますので、友人やコーチに見て頂くか、ビデオで撮影してフォームをチェックしてみてくださいね。

これを修正するだけで大きく成長する選手をたくさんみてきました。

え?こんな簡単なことを修正するだけで?

と思うかもしれませんが、ボールと被ってスパイクしないと言うのはそれほど重要なポイントなのですよ!

初心者のうちはボールに出来るだけ近づいてスパイクをしていると安心感があるので、被り気味で打ってしまう人が多いのだと思います。

 

コツ③スパイクジャンプをできるだけ真上にする

鋭角にスパイクを打ちたい場合は、スパイクは真上にジャンプしましょう。

真上に飛ぶことでボールをどのタイミングでも体の前で捉えることができるようになります。

前にジャンプしてしまうと、空中でボールを追い越してしまい、叩くタイミングによってはボールに被った状態でスパイクしてしまうことになります。

それを避けるためには、ボールの前で真上にジャンプしてスパイクすることが正解です。

常に体の前にボールがあるので、スパイクの叩く位置を失敗するリスクが低いのです。

 

鋭角にスパイクするにはジャンプ力が必須

鋭角にスパイクするには、ジャンプ力が必須です。

ネットの真上に上げてもらったトスを鋭角に打つスパイクであっても、ネットから手首以上は出ていないと鋭角には打てません。

ネットの高さは男子の場合、243cmなので、手の大きさの平均値が18cmと言われているので、271cm打点があれば、鋭角に打てる計算になります。

でも、正直ネットの真上にあげた状態のトスを打つことなんてありません(笑)

そう考えると、普通に上げたトスを鋭角にスパイクを打ちこむためには、最低でも肘ぐらいまでの高さが必要でしょう。

ネット:243cm
手の大きさの平均値:18cm
手首から肘までの長さ:27cm(足の大きさと同じぐらいらしい)

最低でも約3mの高さが必要になります。

身長が175cm、指高230cmの場合で計算すると、70cmジャンプしなくてはいけないんですね。

最高到達点が3mなので、スパイク打点はもう少し下がると思います。

そう考えると+10cmは必要なので、身長175cmで鋭角にスパイクを自由に打ちこむためには310cmの打点がなければ、ならないという計算になります。

ジャンプ力は必須ということですね・・・。

 

下記の記事にジャンプ力が上がる方法を詳しく書いているので見てみてください。

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-651
続きを読む

 

まとめ

スパイクを鋭角に打つスキルは試合中にはあまり使わないかもしれませんが、場面によっては鋭角に打つ時もあります。

ブロックにシャットアウトされずに得点を稼ぐには、コート奥に高い打点でスパイクするのがセオリーですが、相手のブロックに隙間があったりノーブロックだったりする時には必要なスキルです。

あとはアップの時に気持ちいい(笑)
なんか強くなった気がする(笑)

などのモチベーションアップには繋がりますよね!!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。