たったこれだけ!?チャンスボールを安定してレシーブする3つのコツ




【YouTube動画解説!】元Vリーガーが楽しく教えるバレー上達方法!

 

↑ここをタップするとチャンネル登録出来ます!
元Vリーガーであるカッキーの経験してきたバレーの練習方法やライバルに差をつけるコツについて中心にお話しています!チャンネル登録よろしくね♪

試合中にはスパイクのような強打ばかりではなく、ゆるいチャンスボールもレシーブしなくてはなりません。

 

トラくん
スパイクのような威力があるボールじゃないし余裕余裕!!

 

と思っている人も多いかもしれません。

しかしチャンスボールは時にはスパイクをレシーブするより難しい時があるのです!

 

トラくん
え!?チャンスボールを舐めてたよ・・・(*_*)

 

前に落ちるチャンスボールをレシーブする3つのコツ

チャンスボールは威力がないゆるいボールです。

ボールに威力がないということはレシーブする人がボールに力を加えてあげなくては、前にボールが飛ばないということでもあるのです。

当てるだけでボールが飛んでいたレシーブと違って、こちらからも力を加えようとするとレシーブするポイントがズレてしまいミスに繋がりやすいのです。

 

カッキー
簡単そうに見えて難しいチャンスボール・・・。

 

これをしっかりと返球するには3つのコツがあります。

 

チャンスボール返球の3つのコツ
  1. 落下地点を見極める
  2. 正面でボールをレシーブする
  3. 下半身を使って運ぶようにレシーブする

 

 

コツ①落下地点を見極める

いいチャンスボールをセッターに返球するためには、レシーブの準備を万全にしてボールをレシーブしなくてはなりません。レシーブの準備する時間をたくさん作るためには、ボールの落下地点に素早くはいって構えておく必要があるのです。

ボールが高く上がったら落ちてくるまでの時間は長いですが、この落ちてくるまでの時間に合わせてダラダラと移動してレシーブしているようでは「いいチャンスボール」は返球できないのです。

 

POINT!
チャンスボールが高くても低くても、落下地点に素早くはいって落ちてくるボールを待つクセをつけましょう!

 

素早く移動してレシーブの準備をできるだけ長くすることがセッターのトスが上げやすい「いいチャンスボール」を生むのです。

 

 

コツ②正面でボールをレシーブする

落下地点に素早くはいったら、次はボールの正面でレシーブするようにしましょう。

カッキー
体の横でレシーブしたりしてはダメです。

トラくん
横着して横でレシーブしたらダメなんだねー
体の正面でボールを捉えるメリット

・ボールをしっかり見ながらレシーブできること

・ボールが変化しても対応しやすいこと

 

 

チャンスボールをレシーブするときに正面でボールを捉えることで、ボールをしっかりを見ながらレシーブできるので安定したレシーブがしやすいのです。

またボールが無回転で変化したとしても正面でボールを捉えているので、そのボールの変化に対応しやすいというメリットもあります。

 

コツ③下半身を使って運ぶようにレシーブする

落下地点を見極めてすばやくボールの正面に移動したら、次は下半身を使ってボールを前に運ぶようにレシーブしましょう。

腕だけでレシーブしてしまうクセがある人がいますが、動いているボールに対して腕を振ってレシーブしても腕にボールが当たるポイントがズレてしまいミスしやすくなります。

 

 

これらのミスを避けるためには、体全体を使ってボールを運び出すレシーブをすることが一番安定します。

腕だけでボールを操作するのではなく、ボールが腕に当たったら下半身を使ってボールを運び出してあげるイメージです。

 

下半身の動きを使ったレシーブ
  1. 低めにレシーブを構えた状態を作る
  2. 高さを変えずに腕にボールを当てる(アンダーパス)
  3. 腕にボールが当たったら腕は振らずに前に歩くようにしてボールに力を加える

 

前に歩くように下半身の力をボールに加えてあげてみてください。

返したい方向に歩くようにレシーブするとさらに安定したレシーブをすることが出来ます!

 

まとめ

チャンスボールがきたら落下地点をすばやく見極めて体の正面でレシーブすることが大切です。ボールに合わせて動いていると準備が不完全で少しのボールの変化でミスしてしまいます。

またボールを飛ばすときは腕を振ってレシーブするのではなく、下半身を使って前に歩くようにボールに力を加えてあげてくださいね!

カッキー
そうすることで体を使ったレシーブをすることができるので安定したチャンスボールのレシーブに繋がります!

トラくん
腕には無駄な力を入れない方がいいんだねー!

 

チャンスボールは強打レシーブやサーブカットと比べると簡単だと思われがちですが、ボールに力がないので自分からボールを操作してあげなくてはなりません。

 

カッキー
簡単そうに見えて実は一番バレーボールの上手い下手が出るのでチャンスボールとも言えます。

 

チャンスボールでレシーブで大切な「素早く動くこと」「正面でレシーブすること」「下半身の動き」この3つが手に入れられたらほかのレシーブもレベルアップ間違いなしです!

バレーボールの基礎練習は地味でしんどいですが、繰り返すことで必ずうまくなるので練習してみてくださいね!

 



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事