自宅の筋トレにオススメのダンベル5選!選ぶポイントを徹底解説!

【YouTube動画解説!】元Vリーガーが楽しく教えるバレー上達方法!

 

↑ここをタップするとチャンネル登録出来ます!
元Vリーガーであるカッキーの経験してきたジャンプ力UPやバレーの効果的な練習方法等、ライバルに差をつけるために役立つ情報を発信しています。チャンネル登録よろしくお願いします♪

 

さぁ筋トレをはじめよう!と思い立ったはいいけど、「いきなりジムに行くのはハードルが高いなぁ」「通うのが面倒だなぁ」と言う人も多いと思います。

 

いきなり本格的に筋トレを始めるのではなく、まずは徐々に軽めの筋トレからスタートして慣れてきて継続できそうならジムに通うというのもアリだと私は思います。まずは安価に自宅で本格的な筋トレを開始できるダンベルを購入して筋トレLIFEをスタートさせましょう!

 

ダンベルと言っても種類は色々あります。ダンベルを購入したのはいいけど「使い勝手が悪い」「思っていた重量にならない」等、購入した後に公開することが多いと思います。

 

そこで今回は私が色々使ってきたダンベルの中で「特に優秀なダンベル5種類」をご紹介したいと思います。実際にジムに導入してあるモノや通販のみのモノなど様々ありますが、目的に応じて購入してみてくださいね!

 

ダンベルだけでも十分な筋トレは出来るの?

結論から言うと、ダンベルだけでも十分な筋トレは出来ます。女性のフィットネスや運動不足を解消したいという人ならダンベルだけで十分に体を鍛えることが可能です。

 

しかしアスリート等高負荷の筋トレが必要な人はダンベルだけでは負荷が足りなくなります。なので、ある程度ダンベルで筋トレを続けてみて更に高負荷で筋肉を鍛えたい・色々な種類の筋トレがしたい!という場合にはジムに通う事をオススメします!

 

ダンベルを利用する3つのメリット

  1. 自宅で気軽にできる
  2. 初心者でも簡単に筋トレをスタートできる
  3. 上級者は高負荷トレに切り替えることもできる

 

①自宅で気軽にできる

ダンベルさえあれば自宅で色々な種類の筋トレが出来ます。ダンベルで出来るメニューは数多くありますし、全身を鍛えることができます。

 

ダンベルを合わせてベンチを使うことでさらに筋トレメニューを増やす事が出来るので、スペースがある人はダンベルと合わせて購入して幅広い筋トレをすることで効率よく体を鍛えることができます。

 

ベンチは値段の幅が広いです。選ぶポイントは①椅子の角度を変えられるかどうか、②折り畳みで収納できるかどうかこの2つが重要です。椅子の角度を変えられないと、鍛える角度が一定なので筋トレメニューの幅が減ってしまい後々困ることになります。また収納できないとずっとベンチを部屋に出しっぱなしになるので邪魔になってしまいます。

 

個人的には下記のベンチがオススメです。値段も安価ですし、角度も数パターン変更できます。

 

 

②初心者でも簡単に筋トレをスタートできる

ダンベルと自宅に少しのスペースがあれば筋トレを今日から開始できます。ジムに行って手続きして、説明を受けて器具を使って・・・なんて事はありません。ダンベルを持ってうちのサイトで筋トレ方法を見て目的に応じた筋トレをスタートしてみてくださいー!!

 

③上級者は高負荷トレに切り替えることもできる

ダンベルは上級者になっても使う筋トレアイテムです。高負荷で大きな筋肉を鍛えることでもできますし、細部の筋肉まで鍛えることができるのがダンベルのいいところです。自宅で筋トレする人は必須のアイテムと言っても過言ではありません。

 

ダンベルは重さが「可変」「固定」の2タイプがある

ダンベルには大きくわけて2種類あります。簡単に言うと「重さが変更できるかどうか」です。

 

筋トレ初心者におすすめ!ダンベル重量「固定式」とは

ダンベルの重量が固定の「固定式」は筋トレ初心者向けと言えます。メリットはダンベルの値段が安いこと、わかりやすくすぐに筋トレを開始しやすい事です。

 

ダンベル 「2個セット1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 10kg」「ソフトコーティングで握りやすい」[筋力トレーニング 筋トレ シェイプアップ 鉄アレイ]
MOJI

 

デメリットは複数の重さが必要な場合はそれだけの数のダンベルを購入しなくてはいけないので、トータルでお金が掛かる場合があることと場所を取ってしまうことです。

 

筋トレ初心者におすすめ!ダンベル重量「可変式」とは

ダンベルの重量が変更できる「可変式」は筋トレに慣れてきた人向けです。自分で筋トレメニューに合わせて重量を変更することが出来ます。メリットはダンベル1つで色々な重量で筋トレが出来る点、保管の場所を取らない点です。

 

デメリットは値段がそれなりに値段が高いこと、重量を変える為にプレート交換などの作業が必要な場合があるので面倒な点です。

 

おすすめダンベル5選はこれだ!

 

では、実際に使ってみてオススメだったダンベルをランキングにしてご紹介したいと思います!自宅で筋トレを開始してみようと思ってる人、使ってるダンベルに不満がある人はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

第5位:LICLI 0,5kgから使える女性にオススメのダンベル!

 

0.5kgから購入できるダンベルで値段も1,000円以下のモノもある非常に安価なダンベルです。女性で少しだけ自宅で体を引き締めたい!という人にはオススメのダンベルです。

 

丸みのある可愛いデザインなので、自宅の床に置いてあっても恥ずかしくありません。またダンベルの周りもコーティングされているので、床を傷つける心配がありません!

 

第4位:MOJI 固定式ダンベル<初心者向けダンベル>

ダンベル 「2個セット1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 10kg」「ソフトコーティングで握りやすい」[筋力トレーニング 筋トレ シェイプアップ 鉄アレイ]
MOJI

 

第4位は固定式ダンベルのMOJI!カラフルで好きなカラーを選べるので女性男性問わず自宅に置いていてもおしゃれなダンベルです。また重さが固定なので、持てばすぐに筋トレを開始できる手軽さがあります。

 

重さは下記の通りで、1kg~10kgまで幅広い重さが容易されており、筋トレ初心者の方には十分なダンベルです。

 

 

重さが固定式のダンベルということで値段も安価で、手軽に購入しやすいのもオススメポイントの1つです。

 

ダンベル 「2個セット1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 10kg」「ソフトコーティングで握りやすい」[筋力トレーニング 筋トレ シェイプアップ 鉄アレイ]
MOJI

 

第3位:安定のアイロテックダンベル<可変式ダンベル>

 

アイロテックシリーズはダンベルに限らず筋トレ用品全般で売れている商品です。プレートを付け替えるだけで重さとトレーニングメニューごとに1つのダンベルで変更が出来る優れものです。

 

個人的にはアイロテックの赤のカラーが好きなのと、ラバーが音や衝撃をかなり吸収してくれるのでオススメです。ジムなどでも導入実績があるのでスペックに関しては間違いないダンベルと言えるでしょう!可変式で王道を選びたい場合はこのダンベルで決まり!

 

ダンベルで出来る下半身筋トレメニューはこちら!

 

第2位:【最新進化版・3in1】Wolfyok <3つの使い方ができる!>

 

第2位は3つの使い方が出来るWolfyokです!Wolfyokの特長は3つの使い方が出来る点にあります。ダンベルの使い方だけでなく、シャフトをダンベルに接続させることでバーベルとしても利用できるので筋トレの幅が広がります。

 

 

また値段も安価なので、ダンベルでの筋トレだけでなく色々な筋トレを自宅でやりたい人にはオススメのダンベルです。

 

第1位MRG 15段階調整可能!ダイヤル式可変ダンベル!

MRG 可変式 タンベル 24kg アジャスタブルダンベル 2.5~24kg 15段階調節 ダイヤル 可変ダンベル [1年保証] (イエロー単品)
MRG(エムアールジー)

 

私もこのダンベルをジムではじめて利用しましたが、ダンベルはここまで進化したのか!?と驚きました。ダイヤルをカチカチッと変更してあげるだけで、必要なプレートだけが持ち上がって簡単に重さ変更ができるのです。

 

今まで可変式ダンベルは場所を取らないからいいけど、プレートの付け替えが面倒でした・・・しかしこのダンベルはサイドにあるダイヤルを変更してあげるだけで重量を変更出来てしまうのです!!

 

いやぁーこの発想は無かった・・・

 

値段は少し高めですが、複数のダンベルを買いそろえることを考えたらトータルでは絶対にこっちの方が安くなります。自宅で長く筋トレを続ける予定の人にはオススメのダンベルです。

 

MRG 可変式 タンベル 24kg アジャスタブルダンベル 2.5~24kg 15段階調節 ダイヤル 可変ダンベル [1年保証] (イエロー単品)
MRG(エムアールジー)

 

まとめ

ダンベルがあるだけで、自宅で色々な筋トレが出来るようになります。ジムで筋トレが続くのか心配な人、通うのが遠くて面倒な人は一度ダンベルを持って自宅で筋トレを継続してみてくださいね!

 

ダンベルだけでも十分な筋トレ効果は期待できますし、自宅での筋トレが継続できそうでさらに鍛えたい場合にはジムに入会するのもアリだと思います!ぜひチャレンジしてみてくださいね!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事