【ライバルに差をつけろ!】上手なセッターは「ボールの下に入る動作」が素早い!




どうも、ジョンです!

暑くなってきましたねー!

セッターの皆さんは汗でハンドリングが上手くいかずダブルドリブルの反則を取られている頃でしょうね!!

空中にあるミカサが汗でテカテカ輝いてるのみたら、トスを上げる前からヒィィーってなりますね(笑)

さて、今回は上手いセッターの共通点について話したいと思います。

セッターが心がけるべき事とは?

ジョン

セッターが練習中や試合中に心がけるべき事はなんでしょうか?

試合の組み立て?

トスをアタッカーが打ちやすいように合わせてあげること?

ダブルドリブルを取られないようにすること?

まぁ正直、どれも意識して正解ですが・・・

 

私はセッターは「フットワークが大事」だと考えており、「レシーブされたボールの落下地点に素早く移動」することが重要と思っています。

小学生バレーや中学生バレーを見ていて思うのが、ボールの落下地点に入らずホールディング(ボールをキャッチ)気味で腕だけでトスを上げている選手が目立ちます。

このボールの落下地点にしっかり入らない状態でトスを上げることが癖になると、トスを上げるフォームからどこにトスが上がるのか予想されるセッターになってしまいます。

具体的に言いますと、

①ライトに飛ばす時は自分より前気味で取って後ろにトスしたり(ホールディングの反則です)

②レフトに飛ばす時は自分より後ろ気味で取って前に投げるようにトスをする(これも反則ね)

このようなトスの上げ方が癖付いた選手が非常に多いです。

 

 

トスはスパイカーが打つ位置まで上がればいいわけではない

PHOTO

セッターのトスはスパイカーが打つ位置まで上がればいいわけではありません。

①トスのタイミング

②相手ブロッカーに読まれないフォーム

セッターのトスの上げ方1つで「打ちにくいトス」「ブロックにシャットアウトされやすいトス」に変わってしまいます。

 

①トスのタイミング

トスを前気味でセットアップしたり、後ろ気味でセットアップするセッターのトスはめっちゃ打ちにくいです!

 

ジョン
トスのタイミングがワンテンポ遅かったり、早かったりバラバラなので助走を合わせにくいんだよね!

 

②相手ブロッカーに読まれないフォーム

PHOTO

ボールの下にしっかり入らないと、同じ位置でボールをセットアップしてトスを上げることができません。

その結果、ブロッカーにマークされやすいトスになります。

同じ位置でセットアップすることができれば、相手ブロッカーはセッターが上げるボールがトスフォームから予測できないので、マークされにくくなるのです。

 

トラくん
そうか!だから同じ位置でトスを上げることが大事なんだね!

 

ジョン
その通り!毎回同じ位置でトスを上げるには「ボールの下に素早く移動」することが必須なんだよ!

 

試合の終盤疲れた時に「ボールの下に素早く移動」してトスを上げる!

これはホントに堪えます。

普段から身体にこのボールに下に素早く移動するという事を叩き込んでおかないと、すぐに腕だけで横着なトスを上げてしまいます。

地味な基礎練習ほど勝利に貢献してくれます。

普段のトス練習から「ボールの下に素早く移動・・・」「ボールの下に素早く移動・・・」と念じながら練習してくださいねー!

まだ小学生や中学生の人はすぐに身体に覚えこませる事ができるので、なるべく間違ったトスのフォームから正しいトスのフォームに変えていきましょう!

 

 

セッターがボールの落下地点に早く入るには!

まずはボールをキャッチする練習から始めましょう!

練習方法

①レシーブされたボールの落下地点に素早く移動します!

②ボールをトスのフォームでキャッチします!

③下半身を使って飛ばしたい方向にボールを飛ばします!

 

ジョン
この時、同じ位置で毎回ボールをキャッチ出来ているか意識するのがポイントだ!

 

同じ位置でキャッチして下半身を使ってボールを飛ばすことに意味がある練習です!

これを繰り返す事で正しいトスのセットアップ位置を身体に覚えさせることできます。

またセッターをはじめて間もない人には身体をボールの飛ばしたい方向に向けるいい基礎練習になります。

 

【まとめ】【ライバルに差をつけろ!】上手なセッターは「ボールの下に入る動作」が素早い!

PHOTO

ボールの下に入る動作は地味ですが非常に重要だとわかって貰えたでしょうか?

ライバルに差をつけたい!
試合に勝ちたい!
セッターが上手くなりたい!

相手を差をつけて成果を得たいのであれば、相手がやっていないことまでやる必要があります。

こんな地味な練習やらなくても、少し意識したらできるだろ!って思うかもしれませんが、積み重ねは試合の終盤追い込まれた場面で必ず出ます。

横着をして腕だけで上げたトスはブロッカーに読まれてしまい、スパイカーもトスのタイミングが変わった事で万全の状態ではない。

条件は整いました。あとはシャットアウトされるのを待つだけです・・・

試合でそんな状態にならないように日々の地道な練習頑張りましょー!

必ず効果はありますから!!

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。