【自宅で出来る!】バレーボールのスパイクのミート力がアップする2つの練習方法




バレーボールのスパイクを強く打ちたいのであれば、ミート力は必須です。

ミート力がアップすれば、スパイク決定率もアップしますし、ミスも減りチームの勝利に貢献できること間違いなしです!

今回はその「ミート力」をアップする自宅で出来る2つの練習方法についてお話したいと思います。

ミート力とは

そもそもミート力って何?と思っている人も多いと思います。

スパイクはドライブ回転と呼ばれる縦回転の力を加えて打ちます。スパイクのドライブ回転は正確にボールを叩けていないとできません。

このドライブ回転をどんなトスでもかけれるようになる力を「ミート力」と言います。

簡単に言うと、「正確にスパイクでボールを叩ける能力」というわけですね。

いいスパイカーになるためには必須な能力です。いくら力が強くてもミート力が悪いとスパイクスピードが落ちたり、威力が出なかったりするのです。

では、詳しくスパイクのミート力がアップすることで得られるメリットについてお話していきましょう!

 

 

スパイクのミート力がアップする3つのメリット

スパイクのミート力がアップすることで得られるメリットは以下の3つです。

スパイクのミート力がアップするメリット①アウトになりにくい

ミート力がアップすることでドライブ回転が常にかかったスパイクを打てるようになります。

ドライブ回転が掛かっているスパイクはその回転力により最後スパイクの軌道が落ちるようになります。

そのため「相手のレシーバーがアウトかな?」と思ったところから、急激に落ちてコート内に入るようになります。

スパイクのミート力がアップするメリット②打点が上がる

ミート力がアップすればスパイクには強烈なドライブ回転が掛かるようになります。

ドライブ回転が掛かったスパイクは最後にボールが落ちるようなスパイクになるので、アウトになりにくいです。

そのためコート奥にスパイクを打ちこんでもアウトにならずに、コート内に入るようになります。

スパイクを鋭角で打つ必要がなくなるので打点がアップするのです。高い位置でコート奥に打つスパイクは打点が必然的に上がるので、ブロッカーからするとシャットアウトしにくくなります。

ミート力がアップすると打点が上がって、さらにシャットアウトされにくいスパイクを手に入れることができるのです。

スパイクのミート力がアップするメリット③高いトスを正確にスパイク出来るようになる

ミート力がアップすることで、正確にボールを叩く力がアップします。高いトスを打ち切るためには、高く上がったボールを正確に叩いてスパイクを打たなくてはなりません。

なのでミート力がアップすると高いトスであっても正確に叩くことができるので、打ち切ることができるようになるのです。

★ネットから離れた高いトスを打ち切る方法はこちら

ネットから離れた高いトスをスパイクする3つのコツ

2018.08.04

 

★高いトスにスパイク助走を上手く合わせる方法はこちら

【ドンピシャ!】高いトスに対して「スパイクの助走タイミング」をドンピシャで合わてスパイクするコツとは!

2018.06.27

 

 

自宅でできる具体的なミート力アップの2つの練習方法

スパイクのミート力がアップする自宅で出来る2つの練習方法をご紹介します!

どちらも簡単に出来ますし、短時間で練習可能なので毎日やると効果的です!

①手のひらを使ったボールリフティング
②タオルを使った素振りとフォームチェック

①手のひらを使ったボールリフティング

スパイクを打つ方の手を使って、ドライブ回転が掛かるようにしてボールをリフティングします。

練習方法

①スパイクを打つ方の手でボールを持ちます

②手のひらを上に向けて、手を前に出します

③ボールを投げたら手のひらでボールが真上に飛ぶように叩きます

④ボールが手前に回転するように、ボールを叩き時は体から遠い位置を叩くようにします

①~④を繰り返し行い出来るだけ強烈な回転がかかるようにしてください。

これが安定して出来るようになると、自然とボールの回転の加え方を体で覚える事ができます。

手首を激しく動かしすぎるとボールコントロールが難しくなるので、手首を動かすというよりもボールの奥側(上側)を叩いて、ドライブ回転をかけるようにしましょう。

②タオルを使った素振りとフォームチェック

スパイクにドライブ回転を強烈にかけるには「スパイクフォームが大切」です。

スパイクフォームが悪いと手首だけでドライブ回転を掛けようとしてしまう傾向にあります。

強烈なドライブ回転を掛けたいのであれば、手首や腕だけでなく「体幹を含めた体全体」でボールに回転をかけてあげなくてはなりません。

言葉ではあまりイメージしにくいかもしれませんが、バレーボール初心者の方は「手首を前に倒してボールに回転を掛ける」ことでドライブ回転を掛けようとする人がいます。

この方法でもドライブ回転をかけることはできますが、「回転数が少ない」「手首を曲げるタイミングを失敗したらアウトになる」とデメリットが多いです。

しっかりと体でボールを巻き込むような感覚を身に付けてドライブ回転をかけることで、これらのデメリットは解消できるのです。

①スパイクは体幹をくの字に曲げる動きに合わせて肩が動きます

②肩の動きに連動して肘が伸びていきます

③次に手首がボールに巻き付くことで強烈なドライブ回転を掛ける

体幹→肩→肘→手首→ボールを叩く

このように力を連動させることでスパイクにドライブ回転をかけることが出来るのです。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。