ネットから離れた高いトスをスパイクする3つのコツ




フランス代表のイアルバン・ヌガペトがカッコよすぎる!

どこからでも強烈なスパイクを打ってきます!

 

高くても離れていてもお構いなしです(笑)

同じサイドのポジションなので憧れの選手です!

 

さて、本題へ!

 

スパイカーであればネットから離れた高いトスを打つ場面があると思います。

特に両サイドであるレフト・ライトの選手はレシーブが乱れたときの最後の攻撃手段として、高いトスが打てる必要があります。

 

今回はネットから離れた高いトスの打ち方についてお話しようと思います。

 

 

ネットから離れた高いトスが上がってくる場面

バレーボールで試合をしていると高いトスが上がってくる場面があると思いますが、高いトスを上げる場面とはどのような時でしょうか?

 

高いトスが上がってくる!とわかっていれば、事前に準備もできます。

準備が出来ていれば高いトスを打ち切ることは難しくないのです!

 

高いトスが上がってくる場面は主に2つです。

①レシーブが乱れた場合

②相手のブロックが強力な場合

 

①レシーブが乱れた場合

味方のレシーブが乱れた場合は、クイックや時間差攻撃などのコンビネーションが使えませんので、両サイドへ高いトスをあげるしか攻撃の選択肢がなくなるのです。

両サイドへの高いトスは攻撃の最終の砦なのです!

クイックや時間差も使えない状態で唯一最後にできる攻撃が両サイドへの高いトスなのです。

レシーブが乱れてコンビネーションが使えない場合は、両サイドへの高いトスになる可能性が高いと思っておきましょう。

 

 

②相手のブロックが強力な場合

相手のブロックが強力で2枚・3枚としっかりとマークされている場合は、ネットに近い低いトスでは格上相手のブロッカーには通用しません。

相手のブロックが強力な場合はネットから離した高いトスで攻撃すると有効です。

ネットから近いと相手もブロックの手をボールに被せるように前に出すことができますが、ネットから離れているとブロックを前に出しにくくなります。

またネットからトスを離してやることでブロックから離れるのでスパイクコースが広がりスパイクを決めやすくなるというメリットもあります。

トスを高くあげる理由は一番高い打点でスパイクを打ちやすくするためです。

 

マークされている状態で平行トスのコンビネーションを失敗したら、打てないor弱いスパイクになる可能性が高いです。

攻撃の最終手段である高いトスを打つ場合は自分のもっとも高い位置でスパイクするようにしましょう。

鋭角に落とすのではなく高い打点からコート奥にスパイクを打ちこんでみてください。

これが追い込まれた時に一番決まるスパイクになります!

 

 

ネットから離れた高いトスを打つ3つのコツ

ネットから離れた高いトスには打ち方のコツがあります!

①助走のタイミングを遅らせる

②トスの落下地点を見極める

③常に自分の前にボールを置いてスパイクする

 

コツ①助走のタイミングを遅らせる

高くあがってくるトスに対しては、助走に入るタイミングを遅らせましょう。

 

助走が早すぎるとボールにかぶった状態(頭の真上にボールがある)でスパイクを打つ形になってしまいます。

かぶった状態でスパイクをすると、ボールの上と叩くことができません。

 

スパイクはボールの上を叩くことでドライブ回転(縦回転)させることができます。

ドライブ回転をしているボールは回転力により下にボールが落ちるので、コートに入りやすいスパイクになります。

 

それに対して、ボールの下を叩いてスパイクした場合は指先だけに当たる可能性が高くアウトになりやすいです。

いわゆる「フカした」スパイクです。

高いボールに対して、強打でコートにインさせるためにはボールの上を叩いて「ドライブ回転」をかけることが必須なのです。

 

そのためには、「助走のタイミングを遅らせて」上がったボールの上が見える状態でスパイクしなければならないのです!

 

コツ②トスの落下地点を見極める

あがったトスの落下地点を見極めてから、落下地点に向かって「最短の距離を最速でスパイク助走」することが大切です。

×高いトスに合わせてだらだら助走する

×落下地点に向かっていない

×最速で助走できていない

 

高いトスに合わせてだらだら助走してしまうと、高くジャンプすることができません。

某マンガの言葉を借りるならば、「いいジャンプはいい助走から!」です。

助走にスピードがないとジャンプは高さを失ってしまいます。

落下地点とタイミングが判断できたら、スピードを落とさないように、トスが落ちてくるのを待って一気に加速してジャンプしましょう。

そうすることで高いジャンプでスパイクを打つことができます。

 

 

コツ③常に自分の前にボールを置いてスパイクする

①の助走のタイミングを遅らせるに近いです。

スパイクをする時の助走からジャンプしてスパイクを打つまでずっとボールは体の前にある状態でプレーしましょう。

自分の真上にボールが来てしまうと、ボールの下を叩くことになるのでミスに繋がります。

POINT
スパイクを打つ時は常にボールは体の前!

これを意識するだけでも、スパイクをフカす(アウト)ことを減らすことができます。

 

まとめ

トスがどこに落ちてくるか予測するクセをつける

ボールは常に体の前においてプレーする

 スパイクの助走はスピードを落とさない

 

高いトスは打つまでに時間があるので、スパイカーも準備をしやすいです。

逆に言えば、相手のブロッカーも準備する時間があるので完成されたブロックをしてきます。

 

この完成された相手のブロックを破るためには、高い打点でドライブ回転の掛かったスパイクを打たなくてはなりません。

高い打点で打つためには、助走のスピードを殺さずにジャンプする!

ドライブ回転をかけるためには、ボールの上を叩く!

 

この2点がとても大切になってきます!

スパイク練習の時に意識して練習してみてくださいね!

 

★もっとスパイクを上達したい方はこちら!

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-1348
続きを読む

 

 バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
バレーボールのトレーニングについて全て話そうと思う。
https://volleyball-training.net/article/post-1378
続きを読む

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。