ジャンプ力アップトレーニング



どうも、バレー大好きジョン@バレすべ)です。

私はバレーボール選手の中では身長が低い方でした。この身長だったので、名門高校に入学した時も希望のレフトポジションはやらせてもらえず、リベロをやることになりました。

しかし、筋トレに本気で取り組みジャンプ力を3ヵ月で30cmもアップさせることに成功したのです!その結果、希望のレフトポジションの選手になることができました。

ジョン
実際に私の経験上ジャンプ力アップに効果のあったトレーニングを紹介します!
身長が低いからとスパイカーを諦めていては、現状を打破することはできません! [box class="green_box" title="目標を達成するために!"]どうすれば、ライバルに勝つことができるのか?
希望のポジションをすることができるのか?
エースになれるのか?[/box] 常に考えながら「正しい筋トレ」を行うことで必ずジャンプ力がアップし、あなたの希望を叶えることが出来ると私は考えています。ぜひ、記事を参考にして「正しい筋トレ」をして目標を達成しましょうね!

ジャンプ力は3ヵ月で30cmアップ上がる!

ジョン
ジャンプ力は3ヵ月で30cmアップさせることが出来ます。
実際に私も高校生の時にある本に基づいてトレーニングを行い実際にジャンプ力が3ヵ月で30cmアップしました。

この本との出会いが無ければ、私は希望のポジションであるスパイカーをさせてもらう事も出来ず、バレーボールが嫌いになっていたかもしれません。 この本はジャンプアタックという本で、詳細は下記の通りです!
マイケルジョーダンを始とした世界トップアスリートの専属トレーナーを数多く勤めているトレーナーTIMS.GROVER(ティム・S・グローバー)が作成したトレーニングプログラムです。

ジャンプアタックのプログラムはスポーツ選手の瞬発力や垂直跳びを向上させるために作られたプログラムです。ジャンプアタックは12週間のプログラムチャートが紹介されています。

それを実施することにより垂直跳びが15cm~30cm向上すると謳っています。
ジャンプ力は3ヵ月で30cm上がる!
かなりのハードトレーニングです。この本はサーキットトレーニングで実際のスポーツの動作も筋トレに組み込まれています。 [box class="blue_box" title="例えばこんな感じです!"]「スクワット→ジャンピングスクワット→バレーのブロックジャンプ」[/box] このようにサーキットトレーニングの中に実際のスポーツ動作も組み込むことで、鍛えた筋肉がそのスポーツの動作で100%の力を発揮できるように鍛えていくイメージなのです。
 ジャンプアタックはバスケット選手に向けた本なので、トレーニング動作がバスケの動きが記載されていますが、バレーボールのスポーツ動作に置き換えることで同じ効果がありました!
ジョン
しかし、そのためには以下の3点に注意が必要です。
[box class="pink_box" title="注意点"]①正しいトレーニング方法を理解して実践すること ②キツいトレーニングを妥協せず3ヵ月継続すること ③休息の大切さを理解すること[/box] [kanren postid="142"]

①正しいトレーニング方法を理解して実践すること

正しいトレーニング方法を理解してからジャンプ力アップトレーニングを実践するようにしましょう!
ジョン
ただ必死に「スクワット1000回だ!」「腕立て伏せ1000回だ!」と頑張ったからと言ってジャンプ力がアップするほど簡単なモノではありません。
ジャンプ力を効率よく上げるには、「筋力トレーニングの組み合わせ方」や「実践的な動作を取り入れたトレーニング」が必ず必要になってきます。ジャンプアタックではその課題をクリアするために、サーキットトレーニングで体を鍛えていくメニューになっています。 [box class="blue_box" title="実際のメニューはこんな感じ"]①高重量バーベルトレーニング(スクワット等)で筋力を鍛え上げて
②実際のスポーツ動作を行う事で鍛えた筋肉の神経系トレーニングを行いパワーを上げる。
③使用した筋肉のストレッチを行う事で柔軟性のある筋肉に仕上げる。[/box] こんな感じのメニューです。①のスクワットで筋力をアップさせて、②で①で鍛えた筋肉に瞬発的な動きを覚えさせる、③で筋肉に柔軟性を保たせる、この①~③で1セットとして、3セット~5セット繰り返す。

ジャンプアタックのトレーニングは、ほとんどがこのサーキットトレーニングで全身を鍛えていきます。

②キツいトレーニングを妥協せず3ヵ月継続すること

簡単に3ヵ月で30cmジャンプ力はアップするー!と言いたいですが、実際はかなりキツイハードトレーニングです。
ジョン
それもそのはず・・・トップアスリートであるマイケルジョーダンが実践していたトレーニングなので、楽なはずがありません(笑)
トラくん
ホントに欲しいものは楽には手に入らないってことだね
私も最初の1ヵ月は死ぬほどしんどかったです(笑)

部活で死にそうになった上に、終わった後に筋トレをしていたのでボロボロでした。最初トレーニングに慣れるまでは本当にきつかったです。慣れてくると筋肉痛も軽度になってくるので、残り2ヵ月はトレーニングが多少楽に感じられるようになりました。

3ヵ月継続すると習慣化するというのは、まさにその通りでジャンプアタックの筋トレをした後は筋トレすることが全く苦痛ではなくなりました。

ジョン
逆に習慣化しているので筋トレしないと気持ち悪い感じになるぐらいです(笑)
★具体的なトレーニング方法についてはこちら! [kanren postid="158"] [kanren postid="651"]

③休息の大切さを理解すること

ジャンプ力アップには筋力トレーニングだけでなく、筋肉を休ませてあげることが重要です。

実は筋トレは筋肉に傷をつけているだけなのです。筋肉が本当に成長する時は、その筋トレで出来た傷を修復する時にさらに強い筋肉になって回復することで成長するのです。
ジョン
このカラダの反応を「超回復」と言います!
トラくん
次は筋肉が壊されないように、さらに強い体にしよう!って訳だね!
なので、筋トレばかりしていると筋肉は傷がつくだけで全く成長しません。逆に筋トレをいっぱいしているのに筋肉が細く弱くなっていくことさえあります。ハードトレーニングをこなす上で重要なのは、筋肉を回復させる時間を確保してあげることなのです。 [kanren postid="143"] [kanren postid="2368"] [kanren postid="149"]
筋力トレーニングは目的やポジションによっても違います。自分のポジションに合った筋トレを行って効率よくフィジカルを強化しましょう!そうすることでバレーボールの技術も格段にアップしますよ!

ジョン
各ポジション別の筋トレに関する記事は下のボタンから見てね!
★スパイカー向けの筋力トレーニングはこちら!
★レシーバー向けの筋力トレーニングはこちら!
★セッター向けの筋力トレーニングはこちら!