【トレーニングの意識改革!】筋力トレーニングへの意識を変える事で、あなたのバレーボールが劇的に生まれ変わる!?

【トレーニングの意識改革!】筋力トレーニングへの意識を変える事で、あなたのバレーボールが劇的に生まれ変わる!?

▼【トレーニングの意識改革!】筋力トレーニングへの意識を変える事で、あなたのバレーボールが劇的に生まれ変わる!?

 

バレーボールのトレーニングで意識すべきことはなんだと思いますか?

 

・トレーニングで意識すべきこと

・私のトレーニング体験談と考え方

 

について紹介したいと思います!

Advertisement

バレーボールのトレーニングで意識すべき3つのポイントとは

 

①下半身と上半身のバランスが大事!(上半身だけデカイとか動けないでしょ?)

②フリーウエイトメインで体幹強化!

③フリーウエイトメインで下半身と上半身の連動性を高める!

 

この3つが重要なポイントです。

 

上半身と下半身のバランスはアスリートである以上は意識して整えないとダメです。上が重すぎてもバランスが取り辛く結果的に「筋トレしたのにバレーボールが下手になった!」という事になりかねません。

 

下半身をデットリフトやスクワットなどでフンフンっとイジメた後は同じだけ上半身もイジメてあげてください。

 

バレーボールの競技力向上を狙うのに大事なのは、全身を満遍なく強化する事が重要なのです!

 

全身をトレーニングすることで、スパイク力も向上しますし、レシーブ力も向上します。全身の瞬発力が向上するということは、今まで届かなかったボールやトスに追いつくことが出来ちゃうんです!

 

身体能力はスキルを凌駕する。

 

考えたくないですが、事実なのです。

 

悔しいですが、圧倒的高さを持った初心者スパイカーにさえ、いくらスキルがあっても高さが無ければ勝てないのです。

Advertisement

私が筋トレを意欲的に取り組む理由(名門高校で名トレーナーとの出会い)

 

・筋力トレーニングが好きじゃない!

・トレーニングしても重くなるだけでしょ?

・バレーボールをプレーするだけで身体作りは十分でしょ!

 

って思ってる人も多いですよね?

 

わかります!わかります!

私も筋力トレーニングが大嫌いでしたから(笑)

 

私は学生の時、強豪チームに入部していたので、筋トレの専属トレーナーがいました。このトレーナーがバレーボールをやったことがないガチムチのマッチョだったんですよ・・・

 

思春期の真っ只中な私は「バレーボールやったことないガチムチのマッチョにジャンプ力アップやスパイク力アップの方法がわかるわけない!」と反抗してました(笑)

 

いやー、若いですね・・・

 

ただ鬼監督のいう事は絶対なんです!

内心「意味ないだろ。こんなトレーニング!」と思いながら筋力トレーニングに励みました。

 

最初、高校生の私はバスケットのネットの真ん中あたりしか触る事しかできませんでした。

Advertisement

鬼のように絞られること3ヵ月・・・

 

バスケットリングを掴めるようになったのです!

3ヵ月で30㎝近くジャンプ力が上がったことになります。

 

つまり、280cm程度 ⇒ 310cm近くまでアップしたのです!

 

リベロだった私はレフトへポジションチェンジしました。

 

ただ名門高校のスパイカーで最高到達点が310cmは全然高さが足りません!

 

高校1年生なのでこの程度でも仕方ないかなっと思われるかもしれませんが、全国大会に出ると高さで圧倒れてしまいました。

 

名トレーナーは元ラガーマンでした。

 

瞬発力強化のトレーニングを指導するのが得意でバーベルを持ち上げるトレーニングだけじゃなく、やったことのない動きのトレーニングを色々行いました。

 

実験台にされていた気もしますが(笑)

まぁジャンプ力が上がったのでヨシとしましょう!

 

プライオメトリクストレーニングや筋トレとダッシュを融合させるトレーニングなど高校の3年間で様々なトレーニングを経験させてもらいました。

Advertisement

「勝ちたいんだろ?必死にトレーニングするのは当たり前だ!自分で賢くトレーニングしろ!」

名トレーナーがずっと言っていた言葉です。

当時はあまり意味がわかっていませんでした(笑)

 

「勝ちたいんだろ?必死にトレーニングするのは当たり前だ!自分で賢くトレーニングしろ!」

 

今思えば、「人に言われるがままにトレーニングしているようではだめ。自分の中にトレーニングの意図を落とし込んで、自分に足りない部分を補うにはどのトレーニングが必要か判断できるようになれ」という事だと思います。

 

必死にやるって簡単に言いますけど、それを継続するのは並大抵の努力ではないです。精神論になってしますが、自分の中で「勝ちたい理由」を持っている選手は自分でトレーニングを必死でしますし、わからなければ自主的に質問してきます。

 

教わる側、教える側、両方経験させて頂けてやっと身に染みて理解しました。

 

★学生の時に「勝ちたい理由」をもっと明確にもってトレーニングや練習をしていたら、結果は大きく変わったのかなと思います。

 

もしまだ高校生や大学生で限られた年代でしかできない春高やインカレを控えている方は一日一日本当に大事にしてほしいと心から思います。

Advertisement

高校3年生の時には、最高到達点が320cmまで上がりました

 

身長が170センチ後半なので1m近くジャンプしていることになります。

 

★名トレーナーの元でトレーニングに励んだ結果

身長170cm後半 体重65kg程度(高校生)

高校1年生:最初の3ヵ月で30cmUP 最高到達点310cm

高校2年生~3年生:2年間で10cmUP 最高到達点320cm

大学生~ 最高到達点330cm

 

中学生の時は重りを持ったりプライオメトリクストレーニングなどを行っていなかったので、トレーニングをして3ヵ月で30cmもジャンプ力があがりました。

 

2年生から3年生の間、色々なトレーニングを続けて1年半で10cmUPしました。

 

ジャンプ力はトレーニング初期は一気に効果が出ますが、ある程度身体が出来てくるとトレーニングの効果はなだらかだという事がわかりました。

 

名トレーナーのおかげで私はトレーニングをしないとバレーボールできない身体になってしまったのです(笑)

 

というよりも、トレーニングを辞めてバレーボールが下手になるという恐怖心からトレーニングを続けている気がします。

Advertisement

筋力トレーニングは絶対に裏切りません!

 

ただ、名トレーナーの言葉を借りるならば「必死にトレーニングするのは当たり前だ!自分で賢くトレーニングしろ!」です。

 

自分はどの能力が足りていないから、このトレーニングを実践してみよう!など、鍛える箇所を意識して目標を持ってトレーニングすることでバレーボールは必ずうまくなります。

 

他の記事ではバレーボールに役立つトレーニングを色々載せているのでぜひみて下さいね!

 

バレーが上手くなれそうなら
いいね ! してね

Twitter で

筋力トレーニングカテゴリの最新記事