スパイクをインターに打ち込むたった2つのコツ!

スパイクをインターに打ち込むたった2つのコツ!

スパイクがインナーに打てたらカッコいいですよねー!

そもそもインナーのスパイクってなに?

どうやったら打てるの?

 

インナーに打つスパイクってなに?

そもそもインナーってどのコースにスパイクを打てばいいの?と思う人も多いと思います。

インナーはクロスコースに打つスパイクでアタックラインより手前の鋭角なコースに打つスパイクです。

 

鋭角に打つスキルと的確にブロックを射抜いてアウトにしないコントロールが必要なスパイクであるため非常に難易度が高いです。

このコースにスパイクを打てるようになることで攻撃の幅が広がり他のコースの決定率をアップさせることができるのです。

 

Advertisement

 

コツ①前でボールを捉える

インナースパイクを綺麗に打つためにはボールを自分の体の前で捉えなくてはなりません!

インナースパイクは少しでもミスをするとアウトになってしまいます。

 

クロスコースの奥(コートの角)に打つ足の長いスパイクに比べてインナーコースはアウトになるまでの距離が短いからです。

スパイクがアウトにならないように、鋭角にスパイクを打たなくてならないので、ボールを体の前で捉える必要があるのです。

 

体の前で捉える事で、

①鋭角にスパイクが打てる

②体重を乗せたスパイクが打てる

③ブロッカーを目の前に置けるので抜きやすい

 

このようなメリットがあります!

 

スパイクを打つ時にボールに体が被った状態にならないように注意が必要です!

 

コツ②上にジャンプする

スパイクジャンプは出来るだけ真上に飛ぶようにしましょう!

鋭角にスパイクを打つためにはボールに体が被らないようにしなくてはいけません。

 

スパイクを前跳びして打ってしまうと、「体にボールが被りやすい」「打点が下がる」などの状態になってしまいます。

インナースパイクは鋭角に打つスパイクなので、高い打点が必要です。

 

Advertisement

 

体にボールが被った状態で低い打点でスパイクしてもネットを超えない・アウトになるなどのミスに繋がるのです。

 

ボールは常に体に前に置いた状態で真上にジャンプして、目の前のボールをスパイクするようにしてみてください!

 

インナースパイクのメリット・デメリット

インナースパイクにはメリットとデメリットがあります!

 

メリット

インナースパイクを打てる!と相手に見せておくことで、相手レシーバーやブロッカーの守る場所に迷いが出ます。

レシーバーはインナーコースへのスパイクがあるから、迂闊に下がってレシーブできなくなります。

 

ブロッカーはインナーあると思うだけで、そのコースをブロックで閉める必要が出てくるので、他のコースに隙が出来るのです!

スパイクの引き出しが増えるので、相手との駆け引きで有利に立てるのです!

 

Advertisement

 

デメリット

インナースパイクは強力でカッコいいですが、鋭角に打つスパイクであるためコースをミスすると簡単にシャットアウトされてしまいます。

通過点が低いということは、低いブロックにもシャットアウトされる可能性があるのです。

 

しっかり空いているコースを見て確実に打ち抜く練習をしましょう!

 

まとめ

インナースパイクは憧れですよね!

わたしも必死に練習したなぁ・・・

実践ではリスクが高いので、使いどころが難しいスパイクですが、打てることで相手との駆け引きに有利に立てますし、ブロックを抜ければ強力なスパイクになるので決定率がアップします!

 

①高い打点でスパイクを打つこと!

②体の前でボールを捉えること!

この2つがスパイクを打つ上でとても重要です。

 

スパイクはジャンプする「位置」や「体勢」でスパイクの決定率が決まるといっても過言ではありません。

打つ前の助走を見直してみて、インナースパイクにチャレンジしてみてくださいね!

高いジャンプが必要なインナースパイクを打つことでスパイクの体勢も良くなりますよ!

 

 

Advertisement

 

バレーが上手くなれそうなら
いいね ! してね

Twitter で

バレーボール練習方法【スパイク編】カテゴリの最新記事