スパイクがネットを超えないミスを無くす2つの方法

スパイクがネットを超えないミスを無くす2つの方法

スパイクミスでネットを超えない時があると思います。

このスパイクミスが一番テンションが下がりますよね。

 

でもスパイクのボールコントロールは繊細で、少しのズレでミスが出てしまうものです。

今回はスパイクをネットに引っかかってしまって超えないというミスを無くす方法についてお話したいと思います。

 

スパイクがネットを超えない理由

スパイクがネットを超えない。

それには理由があります。

 

バレーボールはネットの高さが決まっている以上、打点の高さが必ず必要なスポーツです。

ブロックアウトやワンタッチ狙いなどの技術もありますが、最低限の打点の高さは必要です。

 

Advertisement

 

スパイクがネットを超えない理由もネットの高さが決まっている事が1つの理由です。

ネットを無視したスパイクの打ち方はできないのです。

 

当たり前だろ!

 

と思うかもしれませんが、スパイクフォームが打点を下げるような打ち方をしている人がとても多いです。

 

なぜ、打点を下げるスパイクを打つ人が多いのか?

 

理由は簡単です。

スパイクは鋭角に叩きつけると気持ちいいからです。

 

しかし、鋭角に叩きつけるスパイクは実践では得点を取ることができませんし、チームの勝利にも繋がらないという事を理解する必要があります。

 

ネットを超えないミスを無くす方法

①相手コート奥にドライブ回転を掛けてスパイクする意識を持つ

②肘を落とさず高い打点でスパイクする

 

①相手コート奥にドライブ回転を掛けてスパイクする意識を持つ

前段で話したと同じですが、スパイクを鋭角に打つのではなく相手コート奥にドライブ回転を掛けてスパイクする意識を持ちましょう。

 

鋭角に打つスパイクはブロックが無ければ強力ですが、シャットアウトやネットなどスパイクが超えないミスが出る可能性が非常に高いです。

 

Advertisement

 

レフトからスパイクするのではあれば、相手コートのクロス奥を狙ってしっかりと強打しましょう。

相手レシーバーに取っても胸元に来るボールは取りにくいので、ジャッジミスをしたり、腕を振ってレシーブする形になりボールを弾くミスに繋がります。

 

またブロッカーとの駆け引きでもコート奥にスパイクすることは有効です。

 

鋭角に落とすスパイクはブロックに被されてしまいシャットアウトされやすいですが、コート奥に打つスパイクはブロックの上部に当たるのでシャットアウトされにくく、ブロックアウトを取りやすくなります。

 

★コート奥にスパイクを打つコツ

打点を上げようと意識しすぎて左肩を落としてはいけない

コート奥に通過点の高いスパイクを打つ

 

②肘を落とさず高い打点でスパイクする

スパイクでジャンプする時に腕を振り上げると思いますが、スパイクする方の腕の肘を耳当たりまで上に上げてあげる必要があります。

理由としては肘を肩より下からスパイクすると、ボールを上から叩くことができません

 

一度壁打ちなどで試してみたら分かると思いますが、肘が低い状態からボールを叩こうとすると「押し出す形」のスパイクになってしまいます。

この状態のスパイクは「打点が低い」「アウトになりやすい」などのデメリットがあります。

 

Advertisement

 

これらを避けるためには、肘を耳より高く上げてスパイクすることが大切です。

これによりボールを上から叩くことが出来るので「打点が低い」「アウトになりやすい」などのデメリットを無くすことができます。

 

高い打点で打てたスパイクはブロックにもシャットアウトされにくいので、実践で非常に有効です。

 

まとめ

高い打点で打つクセをつける事が大切です。

そのためには日ごろの練習から「コート奥にスパイク」するという意識を常に持って練習しなくてはなりません。

 

鋭角に落とすスパイクが気持ちいいのは百も承知です(笑)

私もスパイクを落としまくって大事な場面で何度もシャットアウトを食らった経験があります。

 

鋭角に落として決めるスパイクより、接戦を制して得た「チームの勝利」の方が100倍気持ちいいですよ!

 

 

 

Advertisement

 

バレーが上手くなれそうなら
いいね ! してね

Twitter で

バレーボール練習方法【スパイク編】カテゴリの最新記事