薄毛対策は頭の洗い方でも出来るのです!少し毎日のお風呂での洗髪を意識してあげるだけで改善できることもあるのです。

今回はその「頭の洗い方」と「乾かし方」についてご紹介したいと思います。

髪の洗い方に気をつかっていますか?

男性だと特にそうだと思うのですが、髪の洗い方を気にすることってあまりないですよね。私も恥ずかしながらこの年になるまでまったくといっていいほど気にしていませんでした。

[box class="green_box" title="もしかすると私が薄毛になってきたのはそれが原因なのかもしれません"]洗い方が悪いと髪の健康が損なわれるのは考えてみたら当たり前のことですからね。

最近は髪の洗い方に気をつけています。いろいろなやり方を試していますが、良いなと思ったものもいくつかあるので、それらを紹介します。[/box]

髪や頭皮にダメージを与えないようにする

薄毛対策で大事なのは髪や頭皮にダメージを与えないようにすることですよね。髪を洗う際もなるべくそうなるようにした方がいいと思います。

[box class="green_box" title="まずシャワーの温度を上げすぎないようにしましょう"]シャワーの温度が高いと皮脂が流れやすくなり、髪や頭皮が乾燥してしまいます。どれくらいの温度がいいかというと、普通は人肌の37度~38度あたりがいいと思います。ちなみに私は夏に37度にし、冬に38度にしています。[/box]

それから洗う時は指の腹を使って頭皮をなでるようにすることが大切です。かゆいところがあるとつい爪を使って引っかいたりしてしまいますが、頭皮の炎症の恐れがあるので、NGです。

経験上頭皮にダメージがいくと、かゆくなりやすくなり、掻いてさらにダメージを与えてしまう悪循環に陥りやすいですね。そのため、頭皮は優しく扱いましょう。また指の腹を使う場合もゴシゴシ強くこするのはNGです。

シャンプーやリンスのつけ方

シャンプーのつけ方ですが、まず手のひらでしっかり泡立てます。

シャンプーは泡立てて使うことが前提の製品なので、そのままつけるのは実は間違った使い方なのですね。ちなみに最近まで私もこのことを知らず、泡立てるか泡立てないかくらいの微妙なところで頭につけていました。

[box class="green_box" title="なぜ泡立てた方がいいかというと・・・"]水分が加わって泡立てた時に適度な洗浄力になるように調整されているからです。

原液のままだと洗浄力が強すぎて頭皮への刺激になりますし、広範囲に行き渡らないので、うまく洗えません。

うまく頭皮が洗えないと皮脂や汚れが取れず、毛穴が詰まりやすくなります。[/box]

シャンプー後は髪をすすぐわけですが、「すすぎすぎかな」と思うくらいすすいで大丈夫です。

すすぎ残しがあるとシャンプーの成分が残留して毛穴が詰まりやすくなってしまいます。それではせっかく洗った意味がなくなるので、なるべく時間をかけて丁寧に行ってくださいね。

 注意
それからシャンプー後に行うリンスやコンディショナー、トリートメントはシャンプーと違い、頭皮につけてはいけません。

いずれも髪の毛自体を保護するものなので、毛先になじませるだけでOKです。

予備洗いも効果的

髪を洗う時は、いきなりシャンプーで洗う前に予備洗いをしておくのもいいですね。やり方は37度~38度のお湯で頭を流すだけです。

[box class="pink_box" title="予備洗いの良い点は・・・"]シャンプーの前にある程度髪の毛や頭皮の汚れを落とせることです。特に髪の毛の汚れは整髪料をつけていなければ、お湯だけでもかなり落とすことができます。[/box]

事前にある程度汚れが落ちていれば、シャンプーでじっくり洗う必要もなくなるので、長い時間シャンプーで洗って頭皮に負担をかけることもないわけですね。

[box class="pink_box" title="さらに、予備洗いの前にブラッシングを行うのも効果的です"]ブラッシングは髪についた汚れを浮かせる働きがあります。

正直、私はあまりブラッシングまでは行わないのですが、整髪料でガチガチに固めている時は髪をほぐすためにブラッシングしていますね。[/box]

洗った後の乾かし方は?

[box class="green_box" title="髪の洗い方が完璧でも乾かし方がおろそかでは不十分です"]特に男性は髪が短い分、自然乾燥させている方も多いと思いますが、面倒くさがらずしっかり乾かしましょう。とはいえそういう私もちゃんと乾かすようになったのは最近です。

以前は頭がかゆかったのですが、乾かし方に気をつかうようになってからかゆみが減りました。[/box]

乾かす時はまずタオルで頭を拭くことから始めますよね。

この時、髪を洗う時と同じく、強くこするのはNGです。なるべくこするのではなく押さえるようにしてタオルに水を吸収させるのがコツです。

実際やってみると、意外とこすらなくても水気が取れることがわかりますよ。

タオルドライの後はいよいよドライヤーです。ドライヤーは頭からやや離して動かしながらあてるのが大事です。頭に近づけてあまり動かさずにいると、あてている頭皮が熱くなりすぎて乾燥してしまいます。

[box class="green_box" title="乾かす順番は頭皮や髪の根元からです"]なぜかというと、頭皮や髪の根元の方が水気が多くて乾きにくいからですね。

ただし、乾かしすぎてはだめで、ある程度乾いたら毛先に移ります。毛先はすぐに乾くので、頭皮や髪の根元のおまけ程度に考えていいと思います。[/box]

私の場合、短髪だと頭皮や髪の根元を乾かしているうちに毛先もほとんど乾いてしまいますね。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事