バレーボールのバックアタックでのミスを減らす2つの方法とは




バレーボールのバックアタックは後衛の選手がバックアタックラインより後ろからジャンプしてスパイクを打ちこむプレーです。

通常のネット際で打つスパイクよりも難易度が高いスパイクとされており、バックアタックを完璧に打ちこなす選手がいるチームは強いチームと言えるでしょう。しかしバックアタックは難易度が高いので、ミスをしてしまう確率も高いです。

今回はその「バックアタックのミスを減らす方法」についてお話したいと思います。

なぜバックアタックはミスが多いのか(難易度が高いのか)

バックアタックのミスの多い原因は2つあります。この2つの能力に長けていないと、安定してバックアタックを打つことができないのです。

1つ目は「高い打点が必要」であること

バレーボールはネットの高さが決まっているので、それより低い打点でスパイクをしてしまうとネットを超えません。また打点が低いとバックアタックをネットの上からコート内に打ち込めないので、アウトになる確率もアップしてしまいます。

逆に打点が高い選手はバックアタックが通常のスパイクと変わらない打点で打ちこむことができるので、ネットに掛からないように相手コート奥に打とうとしてミスになったりしないのです。

高いジャンプ力がほしい人はこちらの記事!

ジャンプ力は3ヵ月で30cm上がる!

2016.05.26

2つ目は「高いミート力が必要」であること

バックアタックには「高いミート力」が必要です。バックアタックは後衛の選手がアタックラインより後ろからスパイクを打つので、スパイクがコートに落ちるまでの距離が長くなります。

そのため、スパイクのミート力が低いとドライブ回転が掛からないのでコート内に落ちないスパイクになってしまうのです。ミート力が高いとコート奥にスパイクを打ちこんでも、最後にスパイクが落下するのでインになるのです。

ミート力アップについてはこちらの記事!

バレーボールのスパイクのミート力を上げる3つのコツ!

2018.10.17

 

バックアタックのミスを減らす2つの方法とは

バックアタックのミスを減らす方法は大きく2つあります。

やや感覚的な話もありますが、この2つのコツをイメージすることで、「高い打点」で「高いミート力」のスパイクを安定して打ちやすくなります。

①空中で体を傾けないこと

②胸を起こした状態でスパイクを打つこと

①空中で体を傾けないこと

動画は水町選手のスパイクです。この選手はどんな状況でも体を傾けることなく体を真っすぐにしてスパイクを打ちこみます。言葉で説明するより上手い選手の動画を見てから、文章を読んで頂いた方がスッとイメージしやすいと思います。

この話はバックアタックに限ったことではないですが、スパイクを打つ前に空中で体が傾いてしまうとミスに繋がります。何となく打つ方の手を出来るだけ上に伸ばした方が高い打点が打てる気がするかもしれませんが、実は体を傾けている分だけ打点が下がっているのです。

また体を傾けた状態では体幹の筋肉を上手く使えないので、スパイクの威力が下がってしまうのです。バックアタックを打つ時は出来るだけ体を真っすぐにして、シャープにスパイクを打ちこむことを意識しましょう。

体を真っすぐにしてスパイクを打つことで体幹の筋肉を使えるようになるので、スパイクの威力がアップする効果があります。

②胸を起こした状態でスパイクを打つこと

スパイクを打つ前は胸を起こした状態で空中姿勢を保ちましょう。思いっきり打とうとして前かがみになってしまうと、体が前傾した分だけ打点が下がってしまいます。

打点が下がるということは、打点が必要なバックアタックでは命取りとなります。前衛でネット付近から鋭角にスパイクを打ちこむだけならこの打ち方でも打てますが、打点が下がるのでメリットはありません。

また上半身が前傾になっている方が力が入る気がするかもしれませんが、実は上半身を前後させる動きがスパイクで出来なくなるので、スパイクの威力も低下してしまうのです。

スパイクを打つ前は胸を起こした状態で左手を上げるスパイクフォームを空中で維持することが大切です。

 

まとめ

バレーボール選手であれば、バックアタックに憧れる人も多いと思います。

自在にバックアタックを打ち込める選手になれば、チームの攻撃枚数が前衛+後衛のバックアタックになるので、相手チームのブロッカーが攻撃の的を絞れなくなります。1人バックアタックが安定して打てるだけでチームの攻撃力が驚くほどアップするのです。

バックアタックは難易度の高いスパイクですが、バックアタックが打てるようになるように練習することで「打点がアップ」して「ミート力アップ」もします。まだ私にはバックアタックは早いかなぁ・・・と考えてやめてしまうのはもったいないですよ。

最初は誰も上手に打てません。

打てるように練習することで、前衛でのスパイクの威力や安定感がアップするので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。