バレーボール初心者向け!スパイクのタイミングを合わせる3つの方法とその練習メニューとは!




バレーボールをはじめたけど、
スパイクのタイミングが全然合わない・・・
毎回タイミングが合わなくて空振りしそうになる・・・
トスに間に合わない・・・等々

スパイクって難しいですよね。

他の人が上げたトスを落ちてくるタイミング合わせてジャンプして空中でボールを正確に叩く。動きが複雑なので同時にやるには難易度が高いですよね。

そうなんです!同時にやろうとするから難易度が高いんです!

同時にやるのが難しいなら、1つ1つ難しいポイントをバラバラにして別の運動として1つずつクリアしていけば、最後にはスパイクが打てるようになるんです。

実際に私が教えている小学生もこのやり方ですぐにスパイクのタイミングが合うようになっていますので、ご安心ください!

考え方次第でスパイクは今より簡単に感じること間違いなしです!

 

 

スパイクで重要な3つの動作

スパイクには3つの重要な動作があります。

「スパイク助走」「入るタイミング」「スパイクフォーム」

この3つが完璧にこなせるようになれば、誰でもスパイクが打てるようになります。

おいおい簡単に言うな!と思うかもしれませんが、実際にこの3つのポイントを意識しながら別々の練習として1つずつクリアすることでスパイクは打てるようになります。

人間って不思議で同時に3つをやれ!と言われたらなかなか出来ませんが、1つ1つなら複雑な動作でも案外簡単に出来ちゃうのです。

なので、これ難しい!と思ったら動作をバラバラにして1つずつクリアするクセをつけてみてくださいね!

スパイクで重要な動作①「スパイク助走」

スパイクでまず重要な動作は助走です。

スパイクのジャンプの高さは助走のスピードをどれだけジャンプする上方向に変換できるかが重要です。

助走のスピードが無くなってしまわないように、大きく踏み込んで「バックスイング」を大きくして真上にジャンプするようにしましょう。

そうすることで、横に移動するスピードが上手に上に変換できるようになります。

この時に前跳びになりすぎると、スパイクジャンプが下がってしまうので、高い打点でスパイクが打てなくなるので注意が必要です。

スパイクのバックスイングの重要性についてはこちら!

バックスイングの重要性!バレーのスパイクジャンプを高くしたい人は必見!

2018.11.05

 

スパイクで重要な動作②「入るタイミング」

次にスパイクに入るタイミングが重要です。

トスを上げる人がどんな「高さ」「速さ」「位置」に上げたのかをしっかり見るようにしましょう。

トスを上げる人を見ないでスパイクに入ると、見当違いのところでジャンプしてしまいスパイクが打てる位置にボールが来ません。

まずはどこにトスが上がったのか(位置)、トスは高いのか低いのか(高さ)、レフトライトで打つ場合はトスが速いのか(速さ)を確認してから、助走に入るようにしましょう。

まずはどこにボールが落ちそうなのかを見つつ、高さを見て落ちてくるまでの時間を感覚で予想しましょう。

位置を間違えると全くスパイクが打てないので、スパイク助走に入る前に必ずトスが落ちる位置を見てから助走に入るようにしてくださいね。

それだけでトスに全く触れないということはなくなりますよ!

スパイクで重要な動作③「スパイクフォーム」

最後にスパイクフォームです。

バレーボールにはネットが存在します。最低でもネットより高い位置でボールを叩かないと、スパイクにはなりませんよね。

スパイクフォームが悪いと、「打点が下がったり」「力が入らなかったり」とデメリットがたくさんあります。

まずは綺麗なスパイクフォームを身に付けるようにしましょう。

具体的なスパイクフォームの修正方法は下記の「スパイクが上達できる3つの練習方法」でご紹介しますね!

 

 

スパイクが上達できる3つの練習方法

①まずはキャッチボールでスパイク動作を覚える
②タオルで素振りしてみる
③テニスボールを持ってスパイク助走から空中でボールを投げてみる

①まずはキャッチボールでスパイク動作を覚える

スパイクの正しいスイング方法はキャッチボールで覚える事ができます。

練習方法

①ボールを手に持って立ちます

②投げる時に出来るだけ肩の真後ろに手を引くようにします

③腰を捻って、それを戻すように回転させてボールを投げます

④右利きの場合、右手で投げたら左手を体に引くようにします

⑤腰全体を使って体を素早く回すようにしてみましょう

肘はしっかり伸びた状態で腰を回すことによりスパイク動作と近い動きをすることができます。

この練習をすることで、体幹を旋回させて力を伝える感覚と、腰→体幹→肩→腕と力が連動して伝わる感覚を身に付けることができます。

②タオルで素振りしてみる

キャッチボールで体幹を使う感覚が身に付いたら、次はタオルを使って素振りをします。

キャッチボールと同じように体幹を使えているか意識してやってみましょう。

目の前にボールがあるとイメージしてやるとさらに効果的ですよ!出来るだけ素早くスイングするようにして動きのキレをどんどんアップさせてくださいね。

自分がどんなスパイクのフォームで素振りしているのか確認するために、鏡の前でやってみるのもいいでしょう。

「なんか肘が下がってるなぁ」とか「肩が傾いているなぁ」とかダメなところに気が付くときがありますよ!

③テニスボールを持ってスパイク助走から空中でボールを投げてみる

最後に応用編です!まずテニスボールを用意してください。

握れるサイズのボールであれば野球ボールでも大丈夫です。安いボールで十分ですよ!

テニスボールスパイクのやり方

①通常のスパイクと同じように助走に入ります

②ボールを手に持ったままスパイクジャンプします

③空中でスパイクフォームを維持しながら、ボールを投げます

④この時コート奥に鋭いボールが投げれるようにします

①~④を繰り返し30球ほど行います。

これを繰り返してから、センターオープンを打つようにすると綺麗なスパイクフォームでスパイクを打つことができるようになります!

テニスボールを空中で投げるという動作は体幹が空中で安定していないとできません。

前にジャンプしてしまったり、体が傾ている状態では投げる事すらできない場合もあります。

しっかり空中で一時停止してボールを強く投げれているということは、そのスパイクフォームが安定していて正しいということになるのです!

まとめ

スパイクのタイミングを合わせるのはバレーボール初心者のうちは非常に難しいです。

出来るだけ1つ1つ動作をバラバラにして体に覚え込ませることをオススメします。

強烈なスパイクを打つためには、最初は意識してタイミングを合わせるようにすれば大丈夫ですが、最後には無意識にタイミングが合うようにまでしなくてはなりません!

コツコツと1つ1つクリアしていきましょう!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。