レフトスパイカー必見!ストレート打ちの決定率がグンっと上がる方法とは!




【YouTube動画解説!】元Vリーガーが楽しく教えるバレー上達方法!

 

↑ここをタップするとチャンネル登録出来ます!
元Vリーガーであるカッキーの経験してきたジャンプ力UPやバレーの効果的な練習方法等、ライバルに差をつけるために役立つ情報を発信しています。チャンネル登録よろしくお願いします♪

 

今回はレフトスパイカーのストレートコース打ちについて解説します!

 

クロスコースにスパイクするのは得意だけど、ストレートは少しズレたらアウトだから苦手だ・・・というバレーボールプレイヤーは多いと思います。ただ逆に考えて見てください!少し失敗したらアウトのスパイクになる・・・ということは、相手もブロックがタイミングや位置が少しズレたらブロックアウトされてしまうのです。

 

スパイクするプレイヤー、ブロックするプレイヤーどちらにもリスキーな攻撃なのです!つまりマスターしてしまえば、究極の攻撃になりうる可能性を秘めているのがストレートコース打ちなのです!!

 

身長の無い選手は、ストレート打ちを極めるとスパイクの決定率を上げれるのでぜひコツを盗んで練習してみてくださいね!

 

1.レフトスパイカーのストレート打ちとは?

そもそもレフトスパイカーのストレートコース打ちとはなにか。

クロスコース ネットに向かって右側にスパイクするのがクロスコース
ストレートコース ネットに向かって左側の縦ラインにスパイクするのがストレートコース

 

今回はこの「ネットに向かって左側の縦ラインにスパイクするのがストレートコース」について解説します。ただそのコースにボールが飛べばストレート打ちだ!というわけではありませんし、それだけでは実戦ではスパイクは決まりません。バレーボールのレベルが上がれば上がるほど相手を騙す必要があるのです。

 

2.ストレート打ちが決まるコースはここだ!

①「ストレート側のラインにオンラインするようにスパイクする」が決まりやすい理由!

  1. 相手がスパイクが「イン」なのか「アウト」なのか迷う。結果、相手は中途半端なレシーブになって弾きやすい。
  2. ブロッカーがブロックしようとして追いかけた手にスパイクが当たりブロッカーが外に追いかけた手の力でブロックアウトになりやすい。

 

②ストレート側からセンター側の内側にスパイクするが決まりやすい理由!

  1. ストレートで待ち構えているライトレシーバーと、真ん中で待ち構えているセンターレシーバーの間に打つスパイクだから落ちやすい。
  2. ブロックの上を通す意識をする必要があるので、打点が高くなりシャットアウトされにくい。

このような理由からストレートのコース打ちは①②が決まりやすいと言えます。

 

2-1.ブロッカーを騙す!ストレート打ちの極意!

バレーボールのスパイクとは騙しあいである。どういう事でしょうか?

 

クロスコースに打つぞー!ストレートに打つぞー!こんな宣言をしてしまうとスパイク決定率はガクっと落ちますよね。スパイクは駆け引きが無い状態で勝負すると圧倒的にブロックが有利になるのです。そのためスパイカーは常にブロッカーを意識的に動かしてやる必要があるのです。

 

ブロッカーを動かすとはこんな感じです。

・クロスコースにスパイクする振りをしてストレートに打つ!
・ストレートコースにスパイクする振りをしてクロスに打つ!

 

まずはブロッカーとの駆け引きに勝つことがスパイク決定率を上げる第一歩です。クロスコースにスパイクされる!と思ったブロッカーはクロスをブロックしようと腕を動かします。そこでストレートコースに打たれるとどうなるでしょうか?当然まともにブロックに当たることはないので、ブロックに当たって大きくブロックアウトという結果になるでしょう!

 

私が一番有効だと思うストレート打ちの方法はこちら。

  1. クロスに身体を向けた状態でスパイクする体勢にはいる
  2. クロスに身体を向けたままスパイクスイングを開始する
  3. ボールの中心を捉えてスパイクするのではなく、インパクトはボールの右側面を捉える
  4. スパイクスイングはクロスなのに、スパイクはストレートに行くようにする
  5. ボールの右側面をインパクトすることでボールは横回転する
  6. ボールの横回転の力でブロックに当たった瞬間外に力が加わりブロックアウトされる
  7. ブロックに当たらなくてもストレートにスパイクがインするようにする[/box]

言葉では伝わりにくい部分もあるかもしれません。

 

重要なポイント!
  • クロスに身体を向けた状態でスパイクすることで相手ブロッカーを惑わす
  • ボールの右側面をインパクトすることで、コースの幅を広げ横回転でブロックアウト
  • アウトにスパイクするのではなく、ブロックに当たっても当たらなくてもコートにインするスパイクであること

 

経験者向けのストレートコース打ちのスキルですが、マスターすればバレーボールの真ん中を叩くだけのスパイカーからボールの側面を叩くことができるプレイヤーになる事ができます!ボールの側面を叩くスキルは、インナースパイクにも応用が可能です。必ずバレーボールのスキル向上に役立つでしょう。

 

初心者のうちは身体を向けてストレートにスパイクする!クロスに身体を向けてスパイクする!で問題はないです。スキルを手に入れる順序も大切です!下記の「3、ストレート打ちの練習方法」に初心者向けのストレート打ちの方法も書いておりますので、参考にして頂ければと思います。

 

3.ストレート打ちの練習方法

まずは身体を向けて正確にストレートにスパイクが打てるように練習してみましょう!それができるようになれば、次は実践で役立つ「ブロッカーを惑わす」スキルを手に入れるように意識して練習です!

 

3-1.ジャンプしないでコース打ち

まずはジャンプしないでボールを叩いてみます!

練習方法
  1. 自分でボールを打ちやすい高さにトスする。
  2. トスしたボールを真っすぐにスパイクする。この時スパイクを真下に叩きつけるのではなく、相手の胸元に向けてスパイクする。こうすることでコートの奥に打ち込むスパイクの感覚も同時にマスターできる。
  3. 慣れてきたら、クロスに向きながら身体をストレートに向きを変えてスパイクする。

 

こうすることで空中で身体を動かしてスパイクする感覚をマスターできる。この段階では、足を地面についてスパイクをする。意外と相手の胸元に向けてドライブをかけてスパイクするのは難易度が高いです。

 

このコントロールが正確にできるようになると、スパイクのドライブは更に綺麗に回転するようになり、奥にスパイクしたボールがコートに入るようになるのでスパイク決定率も上がります!

 

基礎練習は大事です!今でも私はアップする時、意識的に奥に回転を掛けてスパイクを強打する練習をしています!一度試してみてくださいね!

 

3-2.実際にスパイクしてみる

3-1.で行った練習を意識して実際にジャンプしてスパイクしてみましょう!意識することは2つです!

この2点を意識して反復練習してみてください!
  1. しっかりフルジャンプしてボールを高い打点でとらえること!
  2. スパイクを下に打つのではなくコート奥に打つこと!

 

スパイクを打ちつけるのは確かに気持ちいいですが、バレーボールの実戦で役立つことはあまりありません。それより難易度の高い「高い打点」で「コート奥にスパイクする」ことを常に意識して練習しましょう!

 



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事