ポイントはたった2つ!?意識するだけで強烈なスパイクが打てるようになる!




 

スパイクを打つポイント

スパイクは打つポイントを変えることで「スパイクの強さ」や「スパイクの打点」が変わってきます。

いわゆるかぶり気味のポイントでスパイクを打つとボールの下を叩くことになり、アウトになったり、強いスパイクが打てなかったりします。

威力のないスパイクやふかし気味のスパイクにならない2つのポイントをお話します。

 

ポイント①体の前でボールを叩く

体の前でボールを叩くことで体重の乗ったスパイクを打つことができます。

ボールに被った状態でスパイクを打ってしまうと、体幹が使えないので腕だけで打つスパイクになり強いスパイクが打てません。

強いスパイクを打つためには、ボールを体の前に置いて打ちましょう!

また体の前にボールを置くことで、相手のブロックも見やすくなります。

ボールと同時にブロックも視界に入れてスパイクすることでブロックを抜いてコースに打ちやすくなります。

 

ポイント②ボールの上を叩く

ボールの上を巻き込むように打つことがポイントです。

ボールの上が打てるということは、「助走の位置」や「ボールを叩くポイント」が間違っていないということです。

かぶり気味の状態ではボールの上を叩くことができません。

ボールの上を叩くことで強烈なドライブ回転の掛かったスパイクが打てるようになります。

またボールの上を巻き込むように打っているので、スパイクがアウトになるミスが減ります!

 

このポイントで打つと、なぜ強いスパイクになるのか?

ポイント①体の前でボールを叩く

ポイント②ボールの上を叩く

 

ジョン
この2つのポイントを意識してスパイクするとなぜ強いスパイクが打てるのでしょうか?

 

答えは、「強烈なドライブ回転」が掛かった「体重が乗ったスパイク」が打てるようになるからです。

スパイクはドライブ回転をかける事でキレが増します。

またドライブ回転が掛かっていることにより最後に落ちるボールになるので、アウトになりにくいです。

そのため、高い打点でスパイクをコート奥に打ってもアウトにならなくなります。

打点が高くなることで、スパイクコースは広がるので決定率がぐんっとアップするというわけなんです!

この強烈なドライブ回転をかけるためには、「ポイント①体の前でボールを叩く」「ポイント②ボールの上を叩く」この2つが大切になるのです。

 

 

スパイクを打つポイントを正しくする練習方法

スパイクを正しいポイントで打つためには、基礎練習からどんどんレベルを上げていく必要があります。

 

壁打ち(手首・体幹を意識)

まず最初はジャンプしないでドライブ回転をかける練習をしましょう!

通常に壁打ちと違い、手首と体幹を意識して壁打ちをしてみてください。

 

壁打ちのポイント

①手首を使う

②体の前でボールが常に叩けているか意識する

③体幹が使えているか意識する

腕だけで壁打ちしてもなかなか上手くなりません。

強いスパイクを打つためには体の筋肉をできるだけ多く使わなくてはいけないのです。

壁打ちをする時は「手首」が使えているか?

「体幹」を使ってボールを叩けているか?

「体の前」でボールを叩けているか?

を意識して繰り返し壁打ちしてみてください!

 

直上スパイク

叩くポイントが安定してきてミートがある程度良くなったら、次は実際にスパイクしてみましょう!

レフトやライトなどトスを上げる人から離れているスパイクは難易度が高いので、まずは直上に投げてもらったボールを打つ練習をしましょう。

センターセミが一番打ちやすいので、まずはこのセンターセミを打ちたいポイントで打てるように練習してみてください。

かぶり気味になる人は自分が思ってるより、ネットから離れて真上にジャンプしましょう!

センターセミを打つポイント

①ネットから離れて腕が振れる位置でジャンプする

②体の前でボールを叩く

③真上に高くジャンプする

 

まとめ

強いスパイクは腕力が強いだけでは打てません。

ボールを捉えるポイントによってスパイクの威力を大きくアップさせることができます。

ポイント①体の前でボールを叩く

ポイント②ボールの上を叩く

 

この2つを常に意識しながら、他のスパイク練習も取り組みましょう!

打つポイントが変わるだけでスパイクが一気によくなります。

かぶり気味だと天井しか見えなかった視界が相手のブロックやレシーブまで見えるようになりますよ!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。