あなたのスパイクが生まれ変わる!スパイク決定力がアップ!その技術とは!?




バレーボールでスパイカーをやっている選手であればスパイク決定力は喉から手が出るほどほしいですよね!スパイクは奥が深いです。

ジョン
高い身体能力はスパイクの決定力をアップさせる上では必須ですが、それだけでは高いスパイク決定率を維持することはできません。

高いスパイク決定力を維持するためには、身体能力+得点を取れる技のバリエーションが必要なのです。今回はスパイクの決定力をアップさせる技の1つをご紹介したいと思います!

スパイク決定率は誰でもほしい!

試合は終盤。フルセットで23-24で負けている場面。

そんな画面バレーボールプレイヤーであれば経験した事があると思います。その時のメンタルはどんな感じでしたか?

様々なメンタルになると思います
ミスしたら負けてしまう・・・

違う人にトスが上がってくれ・・・
トスこいトスこいトスこーい!!!

こんな時、自信を持ってスパイクを打ち込める選手。そのような選手には必ず得意コース・技術がありますだから劣勢であっても自信満々で行けるのです。そんな技術を紹介していきたいと思います。

ブロックアウト

ジョン
相手の高いブロックの指先や腕の側面に当てて、コート外にボールを出して得点する技術です。

この技術を完璧に習得することが出来れば、相手が2枚ブロックであろうが、3枚ブロックであろうが得点することができます。今まで相手に完璧にブロックを着かれたら得点することが出来なかった選手も、ブロックアウトを覚える事で得点を奪うことが出来るのです。

短期間でジャンプ力を大幅にアップさせたい人はこちら!

ジャンプ力は3ヵ月で30cm上がる!

2016.05.26

ブロックアウトの練習方法

ブロックアウトはいきなり出来るスキルではありません。まずは練習で自分が打ったスパイクが相手のブロックのどこに当たればブロックアウトになるのか、どのタイミングで打てば相手のブロックは崩れるのかを覚える必要があります。

少しコツを先行してお話しますと、強力なブロックもタイミングをズラしてある地点を過ぎると当たればボールが吹き飛ぶザルブロックになります。

難易度は高いですが
最終的には「スパイクを当てる位置」と「スパイクを打つタイミング」この2つを変化させて上げる事で、相手ブロッカーにシャットアウトされにくいスパイカーになることができるのです。

①スパイクをブロック正面に思いっきり当ててみよう

今までブロックを避けてコースにスパイクしていたと思います。しかしこれではブロックに当たった時にどんな動きをするか予測する力が不足してしまいます。

どこに当たればどのように飛ぶのか理解するために、まずはブロックに当てる事が成長の第一歩となります。

わざとブロックに当てることで、どうやったらシャットアウトされるのか?どうやったら相手はブロックを失敗するのか覚える事ができます。

②ブロッカーのどちらかの手に当ててみよう

今までブロック正面に当てていたスパイクをブロッカーのどちらかの「手のひら」に当ててみよう。これが出来るようになれば簡単に狙った方にボールを出すことができます。

ブロッカーを引きつける

この技術は石川祐希選手や全国クラスのスパイカーが多く使っているブロッカーとの駆け引きです。

①助走はいつもと同じように行う

②空中でストレートに打つモーションに入る

ここから駆け引きスタートです。

○ブロッカーが「ストレートだ」とブロックをストレート動かした場合はクロススパイクに切り替える

○ブロッカーがスパイク動作に気が付かずブロックを動かさなければ、そのままのストレートモーションでストレートに叩きつけてやってください。

言葉じゃ伝わりにくいと思うので、石川祐希選手の動画を共有します。
参考にしてみてください。

この技術は強い体幹と空中バランスが必要です。
この技術はレベルが上がれば上がるほど通用します!!

まずはしっかりストレート・クロスの打ちわけが出来ることが前提となります。

頑張ってみてください!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。