【エース必須スキル!】ブロックアウトを覚えればどんなブロックとも戦える!




バレーボールでスパイクを決める方法は相手コートにスパイクを叩きつけるだけではありません。

相手のブロックにわざと当ててコート外に弾き飛ばす「ブロックアウト」という方法もあります。

今回はこのブロックアウトのコツについてお話したいと思います!

 

ブロックアウトとは

ブロックアウトは相手のブロッカーを利用して得点を取る方法です。

ブロックの指先や腕の側面にボールを当てることによりスパイクの軌道が変わりコート外に弾き飛ばします。

 

ブロックアウトが有効な場面

PHOTO

トスが乱れていてスパイクが打ち切れない時や相手のブロックが完璧に揃っていてスパイクをコースに綺麗に決めることが難しい時に有効なテクニックです。

高いブロックに対抗することが出来るスキルなので、身長の低い選手がマスターすることでスパイクの得点力を大幅にアップさせることができます。

またブロックアウトをマスターすることで、「普通にスパイクを打つ」「ブロックアウトをする」という2つの選択肢を手に入れることができます。

空中で選択肢が2つあることで相手ブロッカーは普通にスパイクなのかブロックアウトなのか迷いブロックが中途半端になりやすいです。

このような心理的な効果もあるので、ブロックアウトは覚えておいて損はないスキルなのです!

 

 

ブロックアウトの打ち方

ブロックアウトには大きく分けて2種類あります。

ブロックアウトは打ったスパイクを相手に触れさせて触れないところに落とす技術ですが、このブロックアウトには色々な方法があります。

 

1つ目のブロックアウトの打ち方は、サイドラインにボールを弾き出す方法

PHOTO

相手ブロックのコート外側の手にスパイクを当てることでコート外にボールを弾き飛ばします。

例えば、レフトスパイカーがブロックアウトする時は、相手ライトブロッカーの右手に当てて左側のコート外にボールを弾きだします。

 

ジョン
この時、手のひらスパイクを当てるとシャットアウトされやすいんで注意だよ!

 

トラくん
それじゃあ、どこを狙うのがいいの?

 

ジョン
狙うポイントは「指先」「腕」「肘」がベストだよ!

 

この3点の側面にスパイクを当てることができれば、高い確率でブロックアウトが成功します。

ライト側も同じように目の前のブロッカーのコート外側の腕にスパイクを当てることでブロックアウトが狙えます。

 

2つ目は相手コート後方にボールを大きく弾き飛ばす方法

PHOTO

ブロックの「指先」を狙ってスパイクを打つことで相手コート後方に大きくボールを飛ばします。

スパイクを打つ前に少しタメを入れることがコツです。

タメを入れることで相手のブロッカーは最高到達点から落ち始めます。

その瞬間はブロッカーは指先に力が入りにくいので、スパイクが指先に当たるとボールが簡単に遠くまで吹き飛びます。

このブロックアウトは指先にスパイクを当てる正確性が求められます。

相手の指先に当てるのを失敗すれば、スパイクはアウトになります。

少しでもブロックに当てすぎるとスパイクは真下に叩き落とされてしまうのです。

 

トラくん
あまり難しそうでないのに、実際はとても技術力が必要なんだね!

 

ジョン
そうなんだ!ブロックを空中で見る技術と、豊富な経験が必要となる高等技術なんだよ!

 

ネットにトスが近い時にフェイントでブロックアウトする方法

PHOTO

このスキルかなり使えます!

ブロックに到達点の高さが負けていても有効ですし、ジャンプの滞空時間に自信がある方は無双モードです(笑)

トスがネットに近い場合、スパイクを強打してもドシャットされる可能性が高いですよね。

こんな時に有効な手段は2つです。

わざとブロックに当ててもう一度チャンスボールにする「リバウンド」か「フェイントと見せかけたブロックアウト」のどちらかです。

 

フェイントと見せかけたブロックアウトってなに?

トスがネットに近いという事はブロッカーも必死でボールを抑えに来ますよね。

この抑えに来たボールにわざとボールを押し込むように当てて、外にボールを弾きだすテクニックです。

①ネットに近い時、相手のブロッカーにフェイントのフリをしてボールを押し込む

②押し込んだら、相手は押し返してきます。そのタイミングでコート外にボールを投げるように押し出します

③コート外にボールが落ちたら得点です

これ最後に触ってるの自分じゃん?って思うかもしれませんが、こちらの得点になります。

空中でしっかりボールを相手ブロッカーに押してあげて、押し返す瞬間にその力をコート外に向けてあげることがコツです。

練習方法はペアでネットに向かい合ってネット上にトスを投げます。

投げたトスを相手の手に当ててから外に出してあげる。

これを繰り返して意図的にボールをコントロールできるようにしてみてください。

実践で使うには少しコツがあります。

この技はネットに近い時によく多用される技なので経験している方ならブロックの手を引いて避けたりしてきます。

 

ジョン
この時、あくまで相手コートに真っすぐフェイントで押し込もうとしている姿勢は崩さないように注意だ! 

 

ブロックに当たるまではフェイントでもブロックアウトでもどちらも出来る体勢を維持してください。

そうする事で相手ブロッカーはブロックを普通に出すしかできなくなるので、簡単にこの技が完成します。

フェイントと見せかけたブロックアウトのコツ

①ブロックに当たるまで、フェイントとブロックアウトどちらでも出来る体勢を維持する

②相手ブロックに少し押し込んで、相手が押し返してくる力を利用してコート外にボールを出す

 

ブロックアウトが上手くなる練習方法

PHOTO

ブロックアウトが上手くなるには「シャットアウト」されることに慣れることがとても大切です。

ブロックにスパイクが当たるとどんな動きをするのか?

このポイントにスパイクを当てると、どこのボールは飛ぶのか?

タイミングをズラしてスパイクすると、どうなるのか?

など、ブロックに当ててみることで学べることはとても多いです。

まずは相手ブロックをしっかりみてスパイクを思いっきり当ててみましょう。

ブロックを見るクセがついてきたら次は少し横にスパイクを当ててみようなど工夫をしていきましょう。

なので、どんどん練習でシャットアウトされて経験を積んでください。

ブロックを避けているばかりでは、大事な場面で思い切った勝負ができません!

それを踏まえて練習方法をご紹介します!

 

【練習方法】 ブロックに思いっきりぶち当てる

PHOTO

ブロックにまずは思いっきり当ててください。

ブロックを見てブロックにしっかり当てれるということは意外と難しいです。

まず空中でブロックの位置が見えてないとブロックに向けてスパイクはできないし、スパイクのコントロールが悪ければブロックに当てる事さえできません。

まずはブロックに当てれるようになってから、次は当てるポイントを意図的にズラしていきましょう!

当てるポイントを狙ってズラせるようになれば、ブロックアウトになるポイントにスパイクを当てて上げればブロックアウトは完成です!

大事なポイントは「ブロックを見ること」「シャットアウトされて経験を積むこと」です。

最初は怖いかもしれませんが、ドシャットされでドンドン進化していってくださいね!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。